2014年05月17日

るるの帰国手続き

ブラジルから日本への渡航には、
これまで持っている獣医さん作成の証明書類にプラスして、
日本の検疫所への輸入届出をした際の受理書と、
ブラジル政府印付きのCZI(Certificado Veterinário Internacional)と呼ばれる書類が必要です。

日本の検疫所への輸入届出受理書は、ネット上で届出をするNACCSシステムで自分でできますが、
(詳しくはこちらの動物検疫所サイトをご覧ください。)
ブラジルCZI取得は、自分でするには帰国直前に国際空港グアルーリョス
(居住地から普通で1時間弱、混むと2時間かかったり)に出向く必要があり、
さらにはその日付も予約を取って指定日に行かなくてはならず、、、
(実際に1年前に自分でCZIの政府印取得をして、ビーグル花ちゃんと帰国したお友達、
sayokoさんのブログにその実践記録があるので興味ある方はご覧くださいね。)

帰国直前に、移動休暇を利用して旅行に行くことにしたこともあり、
我が家は結局、帰国書類作成のエージェント的獣医Universal PetにCZI取得を依頼することにしました。

このUniversal Pet、マナウスから、マナウスの獣医さんを経由して抗体検査を依頼して、
本当はイヤだったんだけど、他にCZIへの政府印取得を請け負ってくれる先を見つけられなかったのと、
サンパウロで知り合った犬猫友達が何人もそこに依頼して無事に帰国していること、
さらに、去年の8月にマナウスの友人がわんこ連れで帰国する際にあれこれお手伝いしたとき、
Universal Petの実務担当のRobertoさんと直接お会いして、
彼が非常に経験豊富で信頼できることを知っていたこと、
(メールや受付担当の某女性だけが変な対応をする元凶だとつきとめていたこと)、
・・・等々を考慮して、結果依頼することに。

すると、なんとラッキーなことでしょう!!
受付の某女性が辞めていて、直接Robertoさんがファーストコンタクトから対応してくれることになってました!!
もう本当にスムーズなやりとりでした〜(^^)v
(とは言っても、最初WEBから問合せたらなぜかうまく届いてなかったらしく返事が1週間無く、
結局引っ越し業者の日通さん経由でRobertoさんのアドレスをもらって、やっと連絡とれたのですが。(汗))

s-140425 (6).jpg
このるるは別に怒ってないですよ(笑)

次回、書類の画像を載せますね。
posted by rurue at 19:20| Comment(4) | るるの渡航 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。