2011年08月19日

Pitaya

110819 (2).jpg
Pitaya、とは、ドラゴンフルーツのことです。
以前、友人まりぺさんのブログで紹介されていて、
サンパウロで買ったのは実がショッキングピンクだったと聞いて、
マナウスで売ってるのは何色だろう?と、買ってみたところ、

110819.jpg
やっぱりショッキングピンクだった!!

昔、東南アジアで中の実は白いのを食べたことがあったけど、
白やピンク、また外側が黄色いイエローピタヤなんてのもあるそうです。
詳しくはWikipediaでどうぞ。

サンカクサボテンという植物の実だそうです。
味は完熟キウイをうす味にした感じ。
やわらかくて、ちょっと酸味があって美味しい!
これもまた、ビタミン類にカルシウム、鉄分等々、栄養満点フルーツです。

でも、私が買ったとこのはR$15/kg、約400gのこの実一つでR$6(約300円)。
マナウスでは高級フルーツの部類に入るかも。


ちなみにマナウスでは、パイナップルが安くて美味しい!
IMG_2853-s.jpg
こんな、実の部分が30cmくらい、重さ約2kgの立派なものでも、
R$4(約200円)とかで手に入ります。
そして完熟パイナップルは芯まで柔らかくて甘いんです!

あとはマンゴーやパパイヤも安くて美味しいシリーズです。
さすが熱帯!

2011年04月07日

こっちのケーキ

「ひたすら甘い!!」

ということが、もうわかっているのに、
半年に1度くらい、ふとチャレンジしたくなってしまいます(^^;


DSC00147.JPG
今日はこの、CUP CAKE(←英語だった!)にTRYしてしまいました。。。

なぜか、「このクリームは何だろう??」と思ってしまい、
日系スーパーのケーキ・パンコーナーで、R$2.5(約125円)で購入。

このカップケーキ、チョコクリームもあって、
お店の人も、「Chocolate ou branco?」(チョコにする?白にする?)、
と聞いていたにも関わらず、食べるまで気付かなかったけど、

ものっすごく甘いホワイトチョコクリームでした。

その場では食べきれず、お持ち帰りにしました。

・・・が、その後、ちょっとずつ食べて結局全部食べたんだけどね(;^_^A
だいぶこっちの甘さに慣れたってことかな。

それにしても甘かったーーー。

2011年04月01日

Rambutan

110319 (2)-s.jpg
マナウスでもこの時期に出てくるという、
東南アジアでポピュラーなランブータン。
昔、マレーシアを旅行したときに、タクシーの運転手が道路脇の木から採って
食べさせてくれた思い出があります。

柔らかいトゲの生えた皮をむくと、
IMG_2374-s.jpg
ライチに似た、半透明の実が現れます。

これはお友達がfeira(市場)で買ってきておすそ分けしてくれたもの。
ジューシーで美味しかったー(^^)。



ところで、ポルトガル語では語頭の「R」はHの発音になるので、
「ハンブタン」と呼ばれています。

別のお友達が果物屋台で買ったときは、
「ハムタン」って聞こえて、「これのこと??何語??」みたいな感じだったそうです(^^;
ハムタン、ちょっとカワイイ感じ(笑)。

その後、私がスーパーで買ったときの値札には「RAMBUTA」と書いてありました。
「ハンブタ」??
聞いただけじゃ、ランブータンのこととは気付けないなー(;^_^A

2011年03月17日

Cupuaçu

クプアス。アマゾン原産のフルーツです。

110317 (3)-s.jpg
茶色い堅い殻につつまれた、大きな木の実。これで長径20cm強あります。
木になっている様子はこちらで。
木から落ちたときが食べごろと聞きました。

ジュースやアイス、ジャムなどにして食べるのが一般的で、
アマゾン地域に限らずブラジル全土で人気だそうです。
また、カカオからチョコレートを作るように、この実からクプレートという
チョコレートに似たものが作れるとのこと。


今回、いつも行くスーパーでR$2(約100円)で生の実が売っていたので、
生食にチャレンジしてみました。

殻を割るには金槌が必要、と聞いていたので、
クプアスを持って近所のお友達の家へ。(金槌のない我が家、いいかげん買わなきゃ。。。)


110317 (4)-s.jpg


結構堅くて、真剣に何度もたたいてやっと割れました。
110317 (5)-s.jpg

開けてみると、
110317 (6)-s.jpg
殻は7mmくらいの厚さがありました。これは堅いわ。

さわやかな熱帯系(←表現しにくい(>_<))の良い香りが広がります。

中は直径2cm弱の種の周りに果肉がついていて、それがぎっしり並んでいます。

110317 (9)-s.jpg
そのまま食べてみると、
殻に近い外側は白っぽくてほんのり甘く、種に近い方はクリーム色で酸味があります。
それなりに美味しかったけど、結構すっぱかったので、2〜3粒食べて満足。
あと、種からの実離れが悪いので、種ごと口に入れ周りを味わって最後種を出す、
みたいな、あまりスマートでない食べ方になってしまいます(^^;


ポ語の先生から、
「ハサミで種の周りを切って実を取り、そこに水と砂糖を足してジュースにする」と聞き、
残りはジュースにチャレンジ。

実をとったところ。
110317 (10)-s.jpg
これは手間がかかる〜。

ジュースにしてみたら、
110317 (11)-s.jpg
・・・やっぱりお店で飲むのと違って黄色っぽいな。
ジュース屋さんのクプアスはもっと白っぽかったと思う。

でもでも、お味はジュース屋さんと同じように、
さわやかな独特の香りのある美味しいものになりました(^^)v


今みたら、日本でもネット販売してました、冷凍ピュレで。
こちら→ http://www.frutafruta.com/products/detail.php?product_code=1006012 や、
こちら→ http://item.rakuten.co.jp/loj/18823p/
クプアスは、「ビタミンC、A、B1、B2、ナイアシン、鉄分が豊富。」だそうです。知らなかった(^^;

上の「フルッタフルッタ通販サイト」だと、値段もお手頃な気がします。
日本で恋しくなったら注文しちゃうかも。

2011年03月04日

Jaca

ジャッカ、といいます。
東南アジアでも食べられる、トロピカルフルーツです。
木になる果実としては世界最大なんだとか。
(「パラミツ」「ジャックフルーツ」とも呼ばれているそうです。)

以前アマゾンの島に行ったときに見ていて、
さらにマナウスの街中でも木になっているのを見かけていましたが、
今回、初めて(サンパウロで!)食べてみました。


リベルダージの路上で、こんな感じで売ってます。
110211 (24).JPG

私たちはこんなサイズを買いました。
110212 (2).JPG
これで2ヘアイスだったかと。


どうやって食べるかというと、

110212 (3).JPG
手で果肉をばらして取って、


110212 (4).JPG
こんな状態で食べます。


お味は、さっぱりと甘くて、歯ごたえもあってなかなか美味しい!
・・・けど、トロピカルフルーツ独特の香りがあるので、一気にたくさんはいいや、という感じ(^^;。
一度に2カケくらいが私の適量かも。。。

マナウスでもきっと売ってるんだろうけど、
なっている実しか見たことなかったので、味見できて満足です。
残りはお友達の家に置いてきたけど、その後どうしたかな?
チャレンジ買いさせてくれてありがとう!



おまけ。
110211 (25).JPG
ジャッカの屋台(というのかな?)を写真に撮らせてもらったとき、
売ってるおじさんがモデルに入ってくれた1枚。
札束をみせびらかしてくれたけど、全部2ヘアイス(約100円)札、ってとこがいい感じ(^^)。

2011年02月01日

Castanha japonesa

これのことです。
IMG_2164-s.jpg
そう、栗。
これは、サンパウロのお土産でもらったという栗を、
お友達の家でごちそうになったときの図。
器も相まって、日本な感じだわ〜。
立派な栗で、久しぶりに食べておいしかった(^^)。
ごちそうさまでした〜。

この、日本と同じ栗はマナウスでもたま〜に売ってます。



ちなみにCastanha do Brasil(ブラジルナッツ)と言えば、
こちらでポピュラーなカスターニャナッツのこと。
IMG_2200-s.jpg
スーパーや、市場でもよく売られています。
これはそのまま食べられるおつまみナッツ的なもの。
ちなみに大きさはこのくらい。
IMG_2198-s.jpg
一粒、縦3-4cm、横1.5-2cmくらいな感じです。
こちらのお料理やお菓子にもよく登場します。
(その場合は、要冷蔵で売っている生の実を使うようです。)

以前、アマゾンの島に行ったときに教えてもらって撮った、
カスターニャの木。
090905 (18).JPG
樹高30m以上ある木になる、
堅い、テニスボール大の殻の中に、いくつものナッツが入っているそうです。


ブラジルナッツ、日本でも買えるみたいですよ。
Amazonで発見しました。よかったらこちらをどうぞ。

2010年12月12日

MARACUJÁ

マラクジャ、と読みます。パッションフルーツのことです。
日本にいるときは、どちらかというと南国フルーツ系が苦手だったのですが、
マナウスにきてからマラクジャが大好きになりました。
こっちでは、ケーキやプリン、ジュースはもちろん、スポーツドリンクまで、
マラクジャ味のものがあります。

日本では生の果物としては食べたことがなく、
こちらで初めて買って、こんな風になってたんだー、と知りました。

はい、外観です。
101212 (2)-s.jpg

大きさはこれくらい。
101212 (4)-s.jpg

これは長径12cmくらい。大きい方です。
テニスボールくらいのサイズから、このあたりまでのサイズみたいです。


で、半分に切ると、
101212 (9)-s.jpg
種とその周りのゼリー状の果肉。
このままスプーンですくって食べてもいいし、
すっぱいのでお砂糖をかけて食べる人もいます。
種はカリカリと食べられます。

私は、
101212-s.jpg

ぜんぶかきだして、ここにオレンジジュースを入れて、
ミックスジュースにするのがブームです(^^)。
って、アセロラのパターンと一緒だった。。。
こっちのオレンジジュースは加糖ばかりなので、
すっぱいのとまぜる用に重宝してます。



おまけ。
101212 (12)-s.jpg
果肉を支えている部分。
白くてふにゃふにゃしていて、
友達に「にょろにょろみたいだよね」と言われてからは
にょろにょろの集団に見えてます(^^;

2010年10月30日

PIMENTA

ブラジル料理に欠かせない辛い調味料、ピメンタ。
レストランでは卓上に小瓶があったり、無くても頼めば持ってきてくれます。
タバスコみたいに、お好みで料理にかけるものです。

これがまた、いろいろな種類があって、
スーパーでも何種類ものピメンタが売っています。
お気に入りを探そうと、4月に小瓶を3種類買ってみました。
100425.JPG
左から、JALAPEÑOS、MALAGUETA、MURUPÍ。

タバスコみたいに赤いものもたくさん売ってますが、
いろんなレストランで、その店オリジナルの黄色っぽいピメンタを食べておいしかったので、
黄色系のを中心に選びました。

で、この違いは唐辛子の種類の違いです。

JALAPEÑOS:ハラペーニョのこと。メキシコ原産。日本にも入ってますね。

MALAGUETA:マラゲータ。ブラジル、ポルトガル、モザンビークでポピュラーな唐辛子だそうです。
               特にブラジルのバイーヤ地方(北東部)でよく使われているんだとか。
               緑のときに採るとこんな色、赤くなってから採った赤いのも売ってました。

MURUPÍ    :ムルピー。アマゾンの熱帯雨林原産の唐辛子。
          マナウスのお土産ものとしても売られています。
               私が8月にチョコレート屋で買ったのもこれです。

で、家でも肉料理(料理、というか焼くだけだったり)にかけたり、
「FRANGO XADREZ」の鶏を買ってきたときに使ったり、
ホットドックとかのソーセージに合わせたり、
いろいろ使った結果の我が家ランキングをご紹介。

1位 MURUPÍ   
さわやかな酸味があって、ただ辛いだけじゃない味わい深さを感じます。
マナウスのレストランのオリジナルピメンタも、これがベースのとこが多いと思います。


2位 MALAGUETA
これもただ辛いだけじゃなく、複雑さを感じます。
なかなか上品な印象。


3位 JALAPEÑOS
こちらは、すっきりとした辛さ。・・・というか、ひたすら辛い!
日本にも入ってるハラペーニョソースのあの唐辛子の味です。
でも余分な味を感じない、というか、きりっと辛い感じ。


ということで、半年経った今、
ムルピーは1瓶無くなって2本目を使い、
マラゲータはもう少しで無くなるくらい、
ハラペーニョはまだ半分残ってます(^^;


あ、もちろんメーカーによって味に違いはあります。
チョコレート屋で買ったムルピーは、ちょっと辛さが抑えられてる感じでした。



・・・とあれこれ書きましたが、あくまで私の感想ですよ。(;^_^A

2010年10月03日

SONHO

ソーニョ。ポルトガル語で「夢」のこと。
そしてその名のついたお菓子がこちら。
100930 (2).jpg
揚げドーナツ、クリームサンド。
それはもう、夢のように甘いです。

ブラジル全土にいろんなパターンがあるようですが、
こちらのCASA DA TAMIKOというお店のは、
クリームも比較的さっぱりめのカスタードで、
「甘すぎず美味しいお味」とのこと。
(いくつかの店で食べたことのある友人談。)

確かに、直径10cmくらいあるボリュームたっぷりサイズだったのに、
ペロリと食べてしまいました。
この後ずっとお腹いっぱいだったけど。(^^;

この日は町中の温度計で気温40℃!
PARQUE 10というエリアにあるこちらのお店、こんな感じです。
100930.jpg
写真右側が通りに面していて、オープンな作りです。
ショーケースは冷蔵ではなく、ソーニョもほんのり温かい感じ。
店頭のワゴンの上のパンも焼き立てのように温かかったです(^^;

カフェ・コン・レイチ(カフェラテ)のLサイズとソーニョを頼んで、
R$2.5(約125円)。リーズナブルさには驚きました。

ところで、
100930 (3).jpg
ショーケースにあったこのまっ赤なケーキ、何味だったんだろう??

2010年09月30日

SANMA

マナウスに来て1年3か月経ちました。

そして今日、これを初めて買いました。

100930-s.jpg
「PEIXE SANMA INTEIRO」=サンマ丸ごと。冷凍の4つでR$31.30=約1550円。

去年は「高っ!!」と思って買わなかったものに手が伸びる今日この頃。
良くも悪くも(?)、海外生活に慣れたってことかなー。

来た当初、「日本のものがあれば値段は気にせずに買う」と言っていた先輩奥様の話を聞いて、
「こんなに高いのもったいない!買えない!」と思っていた私でしたが、
食生活のバリエーションを求めてTRYする気になりました。

焼くのはコンロの下のガスオーブン。
うまく焼けるかな??

2010年08月26日

カシューナッツいろいろ

いつも通る道に新しいお店ができました。


「MUNDO VERDE」 
http://www.mundoverde.com.br/
健康食品やオーガニック食材などを置いているお店で、
サイトを見ると、ブラジル各地とポルトガルにもお店がある大きなチェーンらしいです。


そこで見つけたのが、
100824-s.jpg
カシューナッツ各種。


上段左から、
・Torradas e salgados (炒ってある塩味)
・Orgânica  (オーガニック)
・Defumada (燻してある)

ここまでは食べてみると普通のカシューナッツの味です。

下段がいろいろな変わり味。
左から、
・Sabor cebora e salsa (玉ねぎとパセリ味)
・Sabor mel   (はちみつ味)
・Sabor queijo (チーズ味)
・Pimenta  (トウガラシ)
となってました。

全種類買って、お友達の家でお試ししたところ、
はちみつ味が以外と好評!
甘さとナッツの香ばしさが合わさり、一瞬ココア味みたいな気もするけど、
これはこれでおいしかったです。

トウガラシはそんなに辛くはなく、遠くに感じる程度。
玉ねぎ&パセリとチーズの感想は、「うん、そんな感じかも。」
この3つは、塩気も強いのでおつまみにいいと思うけど、そんなに感動もなかったな。

お値段は、左上の量の多いのがR$2.1(約105円)、
右上の普通のがR$1.2(約60円)、
オーガニックが高くてR$2.8(約140円)、
あとの下段味付きは全部R$1.6(約80円)。

量もちょっと食べるのにいい感じで、
サイズ、ラインナップともこっちでは珍しい感じだったので、思わず大人買いしちゃいました(^^;

2010年08月06日

MANIÇOBA

マニソバ、と読みます。

マニソバとは、
ベレンなどパラ州の家庭料理のひとつです。(「地球の歩き方」より。)
パラ州は、マナウスのあるアマゾナス州のお隣の州で、
ベレンはその州都のアマゾン河河口の街です。


はい、こちらです。
100805 (3)-s.jpg

一見、「黒カレー?」みたいですが、味は違います。
あと、「蕎麦、麺類」も関係ないです。

材料は、
マニバの葉、ソーセージ、豚肉、牛肉、干し牛肉、ベーコンみたいな豚脂の燻製、
にんにく、ローリエ、塩、黒コショウ、
となってました。

マニバの葉、というのが、例のブラジル料理に欠かせないマンジョッカ芋の葉っぱのことだそうです。
それを、1週間ほど原形がなくなるまで煮込む料理です。

「はまる人は毎日食べてもいい位はまる、ダメな人は全くダメ」、
と聞いてチャレンジしたところ、結構美味しく食べられました(^^)v
(私が「ダメ」な料理って何だろう?・・・と、自分でもツッコミたくなりますが。ははは。)

ソーセージや干し肉の味が目立って、
あとは舌触りにマニバの葉の繊維質を感じるのが特徴的かな。
カレーみたいにご飯にかけて食べます。

いつも豆腐や厚揚げを買っている日本食の移動販売のお店で買えると知って、
今回初チャレンジしてみました。
冷凍で、500g(3食分くらい?)でR$12(約600円)でした。

一緒にチャレンジ買いしたお友達は「次また買うかは微妙」と言ってたけど、
我が家はまた買うと思います。温めるだけの手軽さもありがたいしね(^^;

2010年07月24日

AÇAÍ

アサイー。
アマゾン原産の非常に栄養価が高いといわれる果実です。
ポリフェノールや鉄分やカルシウム、食物繊維も豊富だとか。(Wikipediaより。詳しくはこちらで。)
日本でも健康食品とかで名前を聞きますよね。

以前アマゾンの島で見たアサイーヤシですが、マナウスでは結構見かけます。
実は今住んでるマンションの門のところに植わってるのもアサイーでした。

ジュースやアイスでもよくお目にかかるし、
こんな形で売ってます。
100723 (2)-s.jpg
実をすりつぶした液状、ビニール袋入り1kg弱でR$5(約250円)です。
要冷蔵で売られています。

スーパーでは見かけないのですが、街角の果物屋さんにありました。
最近、いつも売ってる店を見つけて買ってみました。

で、これは、
100723 (6)-s.jpg
アイスにかけたり、

100723 (5)-s.jpg
ジュースとして飲んだりします

そのままでは味がない、というか、甘くないバナナのような味なので、
ジュースの場合は砂糖を足したり、他のフルーツと混ぜて甘みを足すのが一般的だそうです。

今の私のお気に入りは、
アサイー+小倉あん!

ちょうど、お友達から手作りのあんこをもらったところで、
まぜてみると色もぴったり(!?)でほんのり甘くなって◎!!

日本人ならではかも、と思いながら味わってます(^^)v

2010年07月18日

SHIOKARA

2週間前のことですが、
いつも行ってる日系スーパーで、塩辛を見つけて買ってみました。
100705 (2).JPG
「SHIOKARA」。ブラジル産です。
100gでR$17.25(約850円)。
贅沢品ですが、初めて見たし勢いで購入!

・・・したのですが、家に帰ってよく見たら笑えました。


100705 (4).JPG
賞味期限6月24日・・・。
買ったのは、7月4日。
うわー、10日も過ぎてた。

こっちでは賞味期限切れのものが棚にある、なんてことはよくあります。
チェックしなかったこっちが悪い。あらら。

ま、めげずに食べてみました。
中身はこんな感じ。
100705.JPG
食べてみたら、大丈夫そうなのでそのまま食べました。
なぜなら、ものすごくしょっぱくて、
悪くなりようがない(?)くらいに塩が効いていたもので。

まあでも、珍しいものを見て舞い上がっても賞味期限チェックは怠ってはいけない、
という教訓にしようと思います。ははは。

2010年07月10日

サトイモ

・・・チップス!
100701-s.jpg
「Inhame(イニャーミ)」、というのが里芋のことです。
写真も載ってるし。

里芋は、日本と同じようなのが普通のスーパーで手に入ります。
サイズの大きいものが多いけど。

サツマイモチップスまでは食べたことあったけど、サトイモチップスはなかったので、
どんなものか購入。

はい、こんな感じでした。
100701 (3)-s.jpg

普通のポテチよりも厚めで、そのせいか里芋感がありました。
里芋感、というか、イモの甘みを感じます。
サツマイモほど甘くはなく、強めの塩味の中にほんのり感じる程度。
なかなかおいしかった。

実はこれ、「マナウスの食べ物」カテゴリに入れてるけど、
マナウスでは見たことがなくて、パリンチンスのスーパーで買ったもの。
マナウスでもどこかに売ってるかなぁ・・・?

2010年05月15日

ランチ飲み

お友達の家でランチ飲みをしました。
この日は「PICANHA MANIA」の宅配メニューです。

100513 (13).JPG
家にいながらにして、
マナウスの誇る食文化、薄切りピッカーニャとブロッコリーライス等々が食べられるのは、
なかなか便利。人が集まるときにお手軽でいいなと思いました。

ピッカーニャ屋さんに限らず、こっちのレストランは宅配もやってるところが多いので、
街中でも宅配バイクを良くみかけます。


この日はピッカーニャが届くまでの間、
なんと、お友達のダンナ様が釣ってきたというツクナレのお刺身をいただきました!
100513 (11).JPG
前に、アマゾンの島でツクナレのお刺身をいただいたときは、
レモン醤油で食べてそれも美味しかったけど、
やっぱりワサビとお醤油で食べるのは美味しかったー!

うーん、本当に贅沢なランチでした。(^^)

2010年04月25日

温かい飲み物

いつも行ってるスポーツクラブのロビーにはカフェがあって、
運動後にフレッシュジュースを飲んだりしています。

が、この日は雨が降っていてこちらにしては珍しく肌寒く、
にもかかわらず更衣室がいつも通りエアコンでギンギンに冷えていて、
シャワーを浴びて着替えたらちょっと寒かったので、
マナウスの温かい飲み物の定番、Café com leite(カフェ・コン・レイチ:カフェオレ)を頼むことに。

・・・したのですが、なんとカフェ・コン・レイチが売り切れとのこと!
でもコーヒー(こっちのコーヒーは大抵エスプレッソ)をそのまま飲む気分ではなかったので、
仕方なく、「何か温かい飲み物ある?」と言ったら、
カフェのお姉さんはこれを勧めてくれました。
100409 (2).JPG
ホットミルク!!

サイズは小さいので頼んだので、エスプレッソのカップに入ってました。
手と比べると、大きさがわかるかな?
100409.JPG



・・・てゆーか、
マナウス流の、「お砂糖を入れて甘く作ってあるカフェオレ」が無かっただけなら、
このホットミルクとコーヒーでカフェオレできるじゃん!
てことは、コーヒーが売り切れてたのかな?
・・・でもだとしたら、カフェなのにコーヒーを切らしてていいんかい??

・・・等々、突っ込みどころ満載でしたが、
その場では小さいホットミルクで身体が温まった気がした、
雨季の肌寒い日の出来事でした。。。

2010年03月19日

アセロラ

アセロラをいただきました。
100316 (3).JPG
日本では、ビタミンCをうたった缶ジュースをよく飲んでましたが、
(なぜなら当時勤めていた会社内の自販機にあったから。)、
生の実はこちらにきて初めてお目にかかりました。
ぱっと見はサクランボみたいな感じです。

以前いただいたときは、凍らせてフローズンジュースっぽくして飲みましたが、
今回はフレッシュジュースにチャレンジ。

・・・が、アセロラって、この実の中に種が3つ入っていて、
それを取り出すのが結構大変。
爪がほんのりオレンジになりました(;^_^A

できたのがこちら↓。
100317.JPG
フレッシュアセロラ100%ジュース。

ですが、このままではすっぱすぎるので、
この後こっちの加糖オレンジジュースを混ぜて飲みました。

美味しかったー(^^)v

2010年02月22日

鶏の丸焼き

クリスマスにもらった冷凍チキン、2月に入ってからやっと食べました(^^;
「とにかく時間がかかる」と聞いていましたが、
まずは丸二日間かけて解凍です。冷蔵庫で48時間解凍します。

で、そのあと調理に入るわけですが、
このチキン、本当に丸ごとで、内臓もちゃんと入っているんです。
そのままなわけではなくて、一度きれいした内臓たちがビニールの袋に入って、
お腹の空間に入れてあります。
本当は、それを使ってファロッファとかと炒めて中に詰めるものを作るそうですが、
鶏のいろんな内臓を調理する勢いに欠けていたため、パスさせていただきました。。。

そんなわけでお腹はぽっかり空間のまま、焼くだけ焼いてみました(^^;
全体をアルミホイルに包み、200℃で1時間焼きます。
で、そのあとはアルミホイルを外して30分毎に表面にマーガリンを塗りながら、
1時間〜1時間半、中に火が通るまで焼きます。

実はこの鶏には、中に火が通ったかどうかの目印がちゃんとついているんです。
胸の部分にピンが刺さっていて、それが浮いたら焼けてるんだって。

こんな↓感じでした。(赤いのがピンで、これはもう浮いてるとこです。)
100203 (5)-s.jpg

袋の説明書きではホイルを外して1時間から1時間半、と書いてありましたが、
うちのガスオーブンだとホイルを外して30分くらいでピンが上がってきてました。
マーガリンを塗る回数が減っちゃったけど、ま、いっかということで焼き終了です。

で、そのあとは食べやすく切っていただきました。

100203 (6)-s.jpg
味付きチキンだったので、どんなものかと思ってましたが、
結構濃いめのしっかり味で、お野菜と一緒に美味しくいただきました。

・・・が、家のコンロについているガスオーブンは下から火が出るものなので、
表面にあまり焦げ目がつかなかったのと、
丸ごとのチキンを「食べやすく切る」というのが結構大変で、

「これだったらFRANGO XADREZ(近所の鶏屋さん)で買ってきた方が、
 皮もパリっと美味しくて手間いらずだな。」

という、当然といえば当然のことを改めて実感した次第でございました。。。(;^_^A

2009年12月20日

クリスマスパーティ

お友達とクリスマスパーティをしました(^^)
一品持ち寄りの豪華なランチパーティです。
091217 (12).JPG

091217 (16).JPG
一番豪華だったのはこの↑ケーキ!!
お友達の手作りで、フワフワ感といい甘さといい、
日本で売ってるデコレーションケーキみたい!
美味しかった〜♪


それと、こんなお酒も登場しました。
091217 (19).JPG
「MILHO VERDE」。とうもろこしのカシャッサです!
色も香りも、コーンポタージュスープそのもので、びっくり!
飲んでみるととーっても甘い。でもロックでちびちび飲むと美味しい。
ですがこのお酒、アルコール度数が50度あるそうです。
ちびちびじゃないと危険危険(;^_^A


最後はプレゼント交換。
私がもらったのはこちら。
IMG_0734-s.jpg
ビーチサンダルのネックレス!!
Tシャツに合う大きめサイズで、マナウス生活で重宝しそうです(^^)v

ちなみに、この日集まった中でブログをやっているのは私を入れて3人。
この記事のUP、一番最後になってしまったー(^^; はははー。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。