2011年12月15日

マナウスの「TROPEIRO」

前回記事で書いた、マナウスのピッカーニャ屋「TROPEIRO」。
なんと、先週行ってきました!!

111211 (7).JPG

塊で焼いた肉を、テーブルで薄く切ってくれます。

で、こんな風になるの。
111211 (9).JPG

動画でも撮ってみました。
http://www.youtube.com/embed/wAto6sGSiv8?rel=0
(うまく埋め込めなかった(>_<))


付け合わせはこちら。
111211 (6).JPG

ブロッコリーライス、ビナグレッチ、ファロッファ。

そして、
111211 (10).JPG
黄色系のトウガラシから作ったピメンタ。
これがまた美味しい。

これらを、全部お皿に乗せて、
111211 (11).JPG
混ぜながら食べます。
111211 (13).JPG
最高です。


・・・って、これが食べたくてマナウスへ、
というわけではなく、偶然にも更新された外国人登録証を取りに、
行かなくてはならなくなったのです。
(通常なら住所変更した先へ送ってくれるので引っ越し先で受け取れるのですが、
 我が家の場合、いろいろとタイミングがうまくいかず、取りにいくことになったのです。)


2泊3日のマナウス行きでしたが、満喫してきました(^^)v


TROPEIRO、これまで屋根だけあって壁はない、オープンな作りで、
扇風機が回っているお店だったのですが、
最近ガラスの壁ができてエアコン付きのお店になりました。
飾らない雰囲気と暑さの中で食べるのがまたよかったのに、・・・とも思ってましたが、
実際行ってみると、エアコンはそんなにきつくなく、暑さが感じられるままだったので(笑)、
ちょっときれいになったね、位の印象で、今までと変わらない気分で食べれました(^^)。

・・・なのに外観の写真を撮り忘れてしまった!!ああ、残念!

posted by rurue at 23:50| Comment(5) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

「TOYO」

美味しい和食がリーズナブルに食べられるToyo。
ずっと行きたいと思っていたこの店、
先月お友達夫婦に連れて行ってもらって初めて行きました!(遅っ!)
で、道も覚えたところで今週末に夫と再来店。

まずは夫のリクエストのお刺身。
110515 (4)-s.jpg
サーモン、タコ、ツクナレ。
1/2サイズでこの量です。2人だとちょうどいい感じ。



続いて牛タン。
110515 (2)-s.jpg
薄切り牛タンがやわらかくて美味しい!!



天ぷら盛り合わせ。
110515 (3)-s.jpg
エビが3本も!
で、その後ろは、ニンジン・タマネギ・ピーマンのかき揚げが10個くらいあった!
でも揚げたてで美味しかったので完食。

この他に白いご飯を1つ頼んで、
ビール(小瓶)2本とカイピリーニャ1杯でR$71(約3550円)。
美味しかったし大満足。

単身者に大人気というのも納得のこのお店、外観(?)はこんな感じ。
110515 (5)-s.jpg
マナウスによくある屋台風。
また行こうっと。


Toyo comida oriental
Praça do Alimentação do Conjunto Tocantins, Box13
Tel 3646-3249

posted by rurue at 19:45| Comment(6) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

「Skina dos Sucos」

ジュース屋1.JPG
以前から、セントロに行くとたいてい寄るジュース屋さんです。
マナウスのレストラン本「Veja Manaus」でも、
去年も今年もジュース部門1位の人気店です。
ジュースだけじゃなく軽食もあって、気になっていたのですが、
今日はじめてサンドイッチを食べてきました。

Sanduíches especiais(特別サンドイッチ)の中の、
「X tudo」というのを頼んでみたところ、

ジュース屋4.JPG
ソーセージ入りハンバーガーでした!
(左がそれです。右は、お友達が頼んだ「X salada」。)
で、これがまた美味しかったー!!
しょっぱすぎずに◎!
直径12cmくらいある大型で、これ一つでお腹いっぱいになりました。


ジュースの方は、こちら。
ジュース屋3.JPG
左から、
Cupuaçú com Leite(牛乳入りクプアス:アマゾンフルーツ)
Laranja com Maça(リンゴ入りオレンジ)
Graviola(グラビオーラ:アマゾンフルーツ)

私は1つめのをオーダー。初めて"com Leite"(牛乳入り)にチャレンジ。
クプアス単体ジュースも白いので、色は違和感無し。
飲んでみると、フルーツ感の方が強い感じ。
後味にミルク感があるけど、クプアスには合ってて◎。

このジュース(500mlのたっぷりサイズ!)と
サンドイッチ(というかハンバーガー)でR$13(約650円)。
またセントロ行ったらお昼に寄ろうっと。



Skina dos Sucos
Av.Eduardo Ribeiro 629, Centro
(na esquina da Av.Eduardo Ribeiro com a rua 24 de Maio)
tel 3233-1970

posted by rurue at 10:50| Comment(4) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

「CANTO DA PEIXADA」

夫の出張は2泊3日だったもので、
次の日もお友達と外ご飯してきました(^^;

前日に続き、魚料理の美味しいお店、「CANTO DA PEIXADA」。
ブラジル料理が続こうが、魚料理が続こうが全く問題なしの私。
我ながら得する性格(体質?)です。いや、食いしん坊なだけか!?
この日も美味しく食べてきました(^^)。

この店に来たらこれを、といわれる
Costela de tambaqui assado(タンバキのコステラ炭火焼き)と、
IMGP3409.JPG
これまた美味しいアマゾンの魚、Matrinchã(マトリンシャン)の焼いたもの。
IMGP3410.JPG

焼き魚&焼き魚になりましたが、
タンバキは脂がのっていて美味しく、
マトリンシャンは上品な柔らかい身でこれまた美味しかったです。
そのままでも美味しいし、リマオンを絞っても◎、
さらに豆ご飯とビナグレッチ、ピメンタ、ファロッファの全部混ぜも絶品です。


この日は私を入れて3人でしたが、
この2品でお腹いっぱいになりました。
7時すぎに行って、食べて飲んでしゃべっていたら、
気付いたら11時!ラス2の客になってました(;^_^A

posted by rurue at 01:00| Comment(4) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

「WAKUSESE」

夫が出張の日を利用して(笑)、
前回同様、お友達と行ってきました。

間に一回行っている(それも友達たちと!)時も頼んだ、こちら、
Casquinha Waku Seseをまた頼んだよ。
IMGP3403.JPG
付け合わせは今回もPalha de batata(カリカリポテト)で!
やっぱり美味しい!

今回はあと、
Bolinho de Pirarucu(ピラルクのミニコロッケ)
IMGP3408.JPG
も頼んでみました。
マナウスの魚料理を出すレストランには、
たいていこのBolinhoシリーズ(いろんな魚の入った丸いミニコロッケ)があるけど、
ここのは直径4cmくらいある大きめで、お芋のホクホク感も美味しかった!

この日のメインは
Jaraqui no tucupi(ジャラキーという魚のツクピー味)です。
IMGP3404.JPG
このJaraqui、"アマゾンの美味しい魚"と聞いていた魚です。
小骨が多いので骨切りしてあります。(細かい切り目のことね。)

Jaraqui本来の味というのは、
ツクピー味スープにひたっているのでよくわからなかったけど、
やっぱり美味しかったー(^^)

この日は2人で行って、飲み物も入れて一人約1800円。満足〜!

posted by rurue at 03:25| Comment(0) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

「TÁVOLA REDONDA」

ピザが食べたくなり8月以来のこちらのお店へ。
ここのメニュー、トッピングが一つ一つ記載されていますが、
たいてい(ポ語力の問題で)見てもわからないものが含まれてます(^^;

101121 (2).JPG
下から3番目の
REI ARTHUR(アーサー王!)という名のピザの、
agrião fresco(生クレソン)に魅かれて、'copa defumada'がわからなかかったけど、
頼んでみました。
来たのはこちら↓。
101121 (5).JPG
生ハム風がのった、おつまみにぴったりのピザでした!(^^)v
当たり当たり〜!


もうひとつは、
チーズ、トマトソース、ガーリック、オリーブ、
それと'alicce'というものが乗ったピザを頼んでみたら、
101121.JPG

'alicce'は、アンチョビのことでした〜。
(でもこれ、家にある辞書には載ってなかった。。。)
結果美味しかったので○です。(ちょっとしょっぱかったけど。)

一緒に頼んだのはこちら。
101121 (3).JPG

ブラジルワイン。
リーズナブルだけどなかなかいけました。

posted by rurue at 21:15| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

「BANZEIRO」

マナウスのレストラン本で、今年の郷土料理部門No.1のこのお店にランチに行ってきました。
去年できた新しいお店で、マナウスらしからぬ(!)オシャレな雰囲気です。

こちら、外観。
100902 (14).JPG

中はこんな感じ。
100902 (4).JPG
インテリアもなかなか素敵です。
この後ほぼ満席になってました。


この日は4人でこんなメニュー。

こちらはお通し(?)の、タンバキのスープ。
100902 (3).JPG

エビのPASTEL。
100902 (8).JPG
中にエビと、チーズのソースが入ってます。

メインはこの2つ。
100902 (9).JPG
手前がCamarão Amazônico
(エビのアマゾン風:ココナッツミルクとカスターニャナッツを使ったソースのエビ料理)、
奥が、Peixe ao Uarini
(ピラルクにファリーニャの衣をつけた料理)。

1皿で2人分だそうですが、かなりボリューム満点です。
4人で2皿+α、ってことで、お腹いっぱいになりました〜。

以前テニス仲間の送別ランチで来たことがあるのですが、そのときは大勢だったので、
ムケカ(ブラジル北東部バイーア州の郷土料理)やお肉料理も頼んで食べたけど、
どれも上品なお味で美味しかったです。
また行っていろいろ食べたいな。

そうそう、こちらのお店、オシャレな店内も特徴的ですが、
来ているお客さんもみんなきちんとしていてお洒落です。
マナウスが、洗練された都会に感じるお店です。

BANZEIRO
Rua Libertador
http://restaurantebanzeiro.com.br/

posted by rurue at 01:00| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

初マック

ブラジルに来て初めて行ってきました。
MANAUARA SHOPPINGの中のフードコートにあるMcDonald's。
100901 (3).JPG

食べたのは、
QUARTERÃO COM QUEIJOのセット。
100901 (2).JPG
日本のクォーターパウンダー・チーズ、ってのと同じみたい。
興味ある方はこちらのブラジルマックのサイトを見てみてね(^^;

ポテトと飲み物付きでR$15(約750円)でした。
全体的に結構高いと思うけど人気があって、昼12時過ぎには行列でした。
このセット、ポテトは日本のLサイズくらいあったのかな。
飲み物は500ml、日本のMとLの中間くらいかと思います。
Sなんてサイズはやっぱり存在しないようでした(^^;


この日は月に1度くらいマックに行くというお友達と行き、
「QUARTERÃOがなかなか美味しい。普通のチーズバーガーは日本のと違う感じがしてイマイチだった。」
との情報をもらってこのセットにしました。
1年以上ぶりに食べたけど、世界各国に進出しててすごいな、と改めて感心しました。
ブラジルご当地メニュー的なものがあったのかはわからなかったなー。

あ、あと、日本で言う「100円マック」のメニュー、
サンパウロではR$3(約150円)で、
ここマナウスではさらに高くてR$4(約200円)だそうです。
さすが、マナウス!
サンパウロより安いものはほんと稀です。
posted by rurue at 07:25| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

「CANTO DA PEIXADA」

100821 (7).JPG
ずっと行ってみたかったこのお店に、先週末行ってきました。
夫の会社でも、「出張者やお客さんが魚を食べたいと言ったらここに行く」というお店です。

タンバキの炭火焼き(メニューでは探せなかったけど、
「costela de tambaqui assado」と言ったら通じた。)
が、有名です。
100821 (3).JPG
シュハスコみたいに串にささって登場。
お店の人が取り分けてくれます。


で、もう1品はアマゾンイワシ(Sardinha)をチョイス。魚尽くしです。
100821 (4).JPG
頭まで食べられて美味しかったー。
豆ご飯やビナグレッチ、ピメンタとの組み合わせがまた美味しくて、
またまたお腹いっぱいになりました(^^)。


店の名前にもなっている、魚のスープ(PEIXADA)を頼みたかったけど、
2人じゃ食べきれないので次回に持ち越しです。また行こうっと。
魚料理を出す店は他にもたくさんあるけど、
夫いわく「このお店はパクチーがのってこないとこが◎」だそうです。
私はパクチー好きだから、どこでも美味しく食べられるけどね。


お店の様子はこんな感じ。室内席もあります。
100821 (2).JPG
右手に見えるのは、タンバキの剥製です。
19時前はこんな感じで、帰る頃には混雑してました。

このお店、地球の歩き方に、「ローマ教皇も来た店」と紹介されていて、
ある程度ちゃんとした格好じゃないとだめな感じだろう、と出かける前に着替えようとすると、
夫に、「何してるの?(マナウスで)普通の半屋外のとこだよ。」と言われ、
「ええっ!そーなの?」と一人でびっくり。
Tシャツ・ジーンズでまったく問題ナシでした(^^;

CANTO DA PEIXADA
Rua Emílio Moreira
posted by rurue at 21:00| Comment(4) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

今度はランチ

先週末に行った「TÁVOLA REDONDA」に、
偶然にも今週平日ランチに行ってきました。

ランチはポルキロ(量り売り)。
ポルキロのレストランは街中にたくさんあるけど、ここはイタリアンメニューが結構あってうれしい驚き。

こちらが取ったお皿。
100818 (2).JPG
茶色が目立ちますが(^^;、
左下の唐揚げみたいなものは、カリフラワーの唐揚げでした。初めてかも。
で、その右の楕円形がライスコロッケ、
その隣の小さいのが(間違えて取った)ファロッファバナナ、
その右のさつま揚げみたいなのが、BOLINHO DE SOJA、大豆のさつま揚げで美味しかった!


そしてそして、このお店は、
隣に同系列のカフェがあって、デザートはそこのメニューが頼めます。
この日頼んだのは、皆ジェラード。
100818 (5).JPG 100818 (7).JPG 100818 (6).JPG
左から、カスターニャ(ナッツ)、チョコレート、名前忘れたけどライチっぽい味のフルーツです。
美味しかったー。

ジェラードが確かR$6(約300円)で、飲み物を入れても合計でR$22(約1100円)くらいでした。
なかなかお得感があります。お店がにぎわってたのも納得です。

最後に店内の様子を。
100818.JPG
これはランチタイム終了時の帰り際なのでひと気がないのですが、
ランチ時間は満席でしたよー。

posted by rurue at 09:00| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

「TÁVOLA REDONDA」

前々回前回から続くマルゲリータを求める旅は続き、
週末、マナウスで一番のピザ屋と言われる「TÁVOLA REDONDA」へ。

まずはカルパッチョ。
100815.JPG
やっぱりチーズが盛りだくさんです。
マナウスで食べるカルパッチョは今のところ、いつもチーズが主張します(;^_^A


続いて本命、マルゲリータ!
100815 (2).JPG (ああ、本命なのにピンボケ(汗))
上にプチトマトが乗ってはいますが、味はかなり美味しい!
ここのお店はトマトソースがフレッシュトマトから作られているので、かなりいい感じ!

・・・と思いましたが、夫いわく「マルゲリータ度50%くらいじゃない?」。
あれー?、そう??私としては80%くらいだと思ったけど。
マルゲリータ度はおいといて、次もまた頼むと思います。美味しかった!


で、もう一枚、「CAMPONEZA」というのを頼んでみたら、
100815 (3).JPG
ぐるぐるうずまき!

このうずまきがチーズクリームで美味しかった!!
ハムがびっしりだけど、ここはピザ生地がパリパリで薄いので、おつまみに最適な感じ。



さらに調子に乗って「BERINJERA」というナスのピザを頼んだんだけど、
100815 (6).JPG

・・・さすがに2人で3枚は多すぎて、
味見してあとはお持ち帰りしました(>_<)
ガーリックが効いていて、これはこれで美味しいと思います。
今、我が家の冷凍庫で眠っているのでいつかランチにでもしないとな・・・。


TÁVOLA REDONDA
www.tavolaredonda.net

posted by rurue at 06:35| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

「OIRAM」

チョコレート屋さん兼カフェの「OIRAM」に行ってきました。
100810 (2)-s.jpg
オーナーの名前がMARIOさんだから、逆さにしてOIRAM、だそうです。


ここのカフェ・コン・レイチ(カフェラテのこと)が美味しいと聞いて、頼んでみたところ、
100810 (8)-s.jpg
まずカップが出てきて、
100810 (9)-s.jpg
コーヒーが注がれ、一人分ずつ出てくるホットミルクを好みの量入れて出来上がり。

100810-s.jpg
とっても美味しいカフェ・コン・レイチを堪能しました(^^)v


で、このカップ、お土産に売ってるようです。
R$4(約200円)、って言ってた気がする、お店のお姉さんが。


このお店はチョコレート屋さんなので、店内はギフトセットが並んでいます。
100810 (6)-s.jpg 100810 (5)-s.jpg
100810 (4)-s.jpg




そんな中で私が買ってきたのは、こちら。
IMG_1380-s.jpg
PIMENTA:MURUPÍ
(トウガラシの香辛料。ムルピというのは、アマゾンにあるトウガラシの種類。)

チョコレート屋でトウガラシ??
・・・とも思いますが、他のブランドのムルピのピメンタを気に入っていて、
これも挑戦したいと思っていたところだったので、ここで見つけて購入。
この他にも、アマゾンのフルーツの香りの石鹸や、ジャムなどなど、アマゾンのお土産物も売ってました。


ピメンタを試したらまた報告しまーす。(^^)v

posted by rurue at 09:10| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

「FELLICE」

美味しいビールを飲みに行こう、と、
家からちょっと離れたショッピングモール「STUDIO 5」に行ってきました。

こちらがお目当ての店、「FELLICE」。
100807 (3).JPG

普通のビールで4種類、Plsen, Ale, Escuro(黒),Waizenが揃ってます。
こちら黒ビール。
100807 (5).JPG
黒の生ビールが飲めるなんて。


スタート時のオーダー。
左から、エール、ピルゼン、エスクーロ。
100807 (6).JPG
飲みかけだけど。(^^;


このお店、変わり種ビールもいろいろあります。

100807 (12).JPG 100807 (10).JPG 100807 (15).JPG
左のは、Encontro das Águas(エンコントロ・ダス・アグアス)。
アマゾン河の2河川合流点(色の違う支流が合わさるところ)の名前がついてます。

緑のは、Menta(メンタ:ミントのこと)。
味は、「飲めるリステリン」って感じ?


6人で行ったので、最初は、「全部試そう!」とか言ってたんだけど、
ピルゼン、エール、バイツェン、・・・とかやってるうちに、
全部制覇の目標を見失い、ただただ楽しく飲んだのでした。。。(;^_^A


そうそう、メニューにピザがあって、
マルゲリータの説明に、「Molho de tomate(モーリョ・ジ・トマト=トマトソースのこと。)」
と書いてあったので、今度こそ普通のマルゲリータが食べれるかと期待してオーダーしたら、
100807 (11).JPG
やっぱりマナウス版マルゲリータでした。はははー。
でもAPUÍ 版とは違って、ピザ用トマトソースが敷いてありましたが。

あとBuffalo wingがあったので頼んでみたら、
100807 (8).JPG
醤油、ショウガを使った甘辛味ソースで意表を突かれたけどなかなかおいしかったです。

posted by rurue at 05:50| Comment(0) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

ひさびさの「APUÍ MADEIRA」

久しぶりに行ってきました。


ピザは、初めてマルゲリータをチョイス。
「久しぶりにマルゲリータ、いいねー」なんて言いながら頼んで、来たのはこちら。

Margherita
100731.JPG
ん??
トマト、チーズ、バジル、だけど、想像してた普通のマルゲリータと違う。。。
ああ、ブラジル。(「ああ、マナウス。」かも。)

味は、上にかかったパルメザンチーズの塩気が結構主張していて、つまみにはいい感じでした。
ちなみに「チーズ少なめに」とオーダーしてこんな感じ。十分な量です。
(何も言わないとチーズ盛りだくさんのヘビーなピザが出てきます(^^;)


あとは、
Caldo: verde (緑のスープ)、
を頼んでみたら、
100731 (3).JPG
ケール、ネギ、ベーコン、煮込んで細かくなったジャガイモ、玉ねぎの入った、
やさしい味の具だくさんスープ!
美味しかったー。我が家の定番オーダーに決定です(^^)v


それと、
Filé kids
100731 (5).JPG
名前からして子供用だったのかな?
でもでも、お肉がやわらかくて美味しかった!
量も少なめで、何品か頼むときにはいい感じ。
ガーリックが載ったごはんと、ポテトフライもいいおつまみになりました(^^)。


いわゆる「マルゲリータ」との違い以外は、
またまた大満足の「APUÍ MADEIRA」でした。


あ、あとChopp(ショッピ=生ビールのこと)も、登場してました。(前からあったかな?)
100731 (6).JPG
posted by rurue at 20:50| Comment(4) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月18日

衝撃!○○寿司!

いつか試してみようと思いつつ、機会(と勇気?)が無く、
なかなか試せなかったお寿司にチャレンジしてみました。
近くのショッピングモールのフードコートで、ポルキロ(量り売り)屋さんでのランチのときに、
そのお寿司たちを発見!

100513 (3).jpg
問題のお寿司は、向かって右ののり巻の中にいます。

で、こちらが私がとったお皿。

100513 (4).jpg

のり巻の、黄色がマンゴー、赤がイチゴなんです!!

こののり巻を知ったとき、「無理無理」と思ったんだけど、
せっかくなので一度は、とこの度チャレンジしてみました。

お味は、

・・・マンゴーは結構いける。
カリフォルニアロールとか、アボカド入りののり巻があるけど、
アボカドをもう少しさわやかにした感じ??

で、イチゴも、こっちのイチゴは甘くないので、
フルーティさを感じるけど食べられないってこともない。
(日本のイチゴで考えると、うぇーって感じだろうけど・・・)

まあ今回、お米と海苔と醤油の偉大さを改めて実感した次第です。
いろんなものを包み込んで美味しくする力、とでもいいましょうか。

今後どちらか食べろと言われたら、マンゴー巻を食べると思います。
(またポルキロで見つけたら自ら取ってる可能性もある気がする。。。)

機会があったらみなさんもチャレンジしてみてください(^^;

posted by rurue at 09:55| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

「WAKU SESE」

昨日はお友達とディナーしてきました。
前回記事から数えて3度目の「WAKU SESE」。
私は好きなお店なのですが、なぜか夫うけがイマイチなため、
行ってる回数が思ったより少ない、郷土料理のお店。

まずは、
Casquinha Waku Sese(カニのほぐし身wakusese風)
100512 (3).JPG
カニのほぐし身の上にはファロッファがのってます。
まわりはカリカリの細かいフライドポテト。マッシュポテトか、このカリカリポテトを選べます。

続いて
Sardinha(アマゾンイワシ)の唐揚げ。
100512 (5).JPG
豆ご飯、ビナグレッチ、マンジョッカ芋のコロッケ、ファロッファが付いてきます。

アジみたいな形、サイズの魚で、内臓をとって丸ごと唐揚げになってました。
しーっかり揚がっていて、カリカリ美味しく骨まで食べれたけど、とにかくカリッカリだったので、
アジの骨の唐揚げ(3枚におろした真ん中のとこの唐揚げ)を食べている気分になりました(^^;
が、これもまた、付け合わせ全部とまぜてレモンとピメンタをかける現地風の食べ方で、
美味しくいただきました(^^)v

オーダーしたとき店員さんに、
「purê de batata(プレ・ジ・バタータ:マッシュポテトのこと)と
palha de batata(パーリャ・ジ・バタータ)どっちにする?」
と聞かれ、どっちの料理の付け合わせのことかもわからず、
そして「パーリャ」の意味もわからず、
「何だろうね?」と言いながらも「パーリャ」にしてみたら、
最初のお料理のカリカリポテトのことで、結果として美味しくて正解でした(^^)。

後で調べたら、palhaは「ワラ、干し草、ワラ状のもの」の意味でした。
ふーむ、なるほどー。

posted by rurue at 09:30| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

またまた「APUÍ MADEIRA」

新メニューがあったので、チャレンジしてみました。
PICADINHO DE TAMBAQUI (ピカジーニョ・ジ・タンバキ)というメニューです。
(もっと長い名前だったかも?だけど、こんな感じでした(^^;)

名前からして、PICADO(ピカド)というものの小さいの、
(〜inho、とか〜inha、というのは「縮小辞」という接尾語で、
 「〜の小さいもの、かわいいもの」という感じの意味になります。)
って感じだよなと思って、よくわからなかったけど頼んでみました。
ピカタ(肉とか魚に卵をつけて焼く料理)みたいな感じかな?、
と適当に思ってましたが、きてみたらこんな感じでした。

100508 (4).JPG
奥は、焼きバナナのっけ白ご飯で、
手前がタンバキ(魚)のそぼろとゆでジャガイモです。
一瞬、ご飯の上のバナナが蒲焼みたいな魚に見えたのですが(^^;、
手前の細かいのがメインのタンバキです。

で、これがまた美味しかったんです!
白ご飯とジャガイモとまぜただけでも美味しいし、
そこにレモンとピメンタ(唐辛子)をかけてもまた美味しい!
例によってバナナは、・・・まあ好みでいったら無くてもいい感じでしたが、
甘くなかったので一緒にまぜてもアリな感じでした。

2人だったらこの一皿で超おなかいっぱいな感じです。
つまみのつもりが、結果的にご飯をしっかり食べる感じになりました。

後で辞書で調べたら、ポ語でPICADOという言葉に「細切れの肉料理」という意味があり、
さらにPICADINHOという単語もブラジルで「細切れの肉料理」という意味で使われていました。
なるほど〜。

posted by rurue at 07:45| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

「80's」

100424 (5).JPG
ハンバーガー屋さん「80's」に行きました。
(お店のサイトはこちら→http://www.eightysburguer.com.br/

私の中では、ハンバーガーはランチに食べるもののイメージなのですが、
このお店は夕方17時オープンの夜のみ営業。だからなかなか行かれなかったのかも(^^;

100424 (4).JPG
お店の中は、話に聞いた通り、よくいえばカジュアル、・・・まあ簡素な感じ。

メニューを見ると、ハンバーガーのメニューには、
Eighty's journey、とか、Eighty's the Smith、と店名「Eighty's」が入っています。
一番最初に書いてあったからたぶんオススメなんだろうと「Double Eighty's」と、
最後にあった野菜たっぷりな感じのをオーダーしてみました。

はい、こちらがDouble Eighty's(R$18=約900円)。
100424 (7).JPG
100gのハンバーグが2枚に、チーズも2枚、ハムにベーコンに・・・と、
その名の通り、ダブルでボリューム満点!
ビーフ100%(タマネギとか入ってなくて、ほんとに100%だと思う)のパテが美味しくて、
日本の美味しいハンバーガー屋さんを思い出しました。

で、もうひとつのが運ばれてくると、
100424 (6).JPG
あれ?サラダだった!!
名前が「Eighty's」で始まってたから、勝手にハンバーガーだと思ってた!(;^_^A
しかもサイズも大きい!
どうりで、お店のお兄さんが「半分にする?まるまる1つにする?」と聞いてきたわけだ。。。
(これでR$18=約900円、半分サイズはR$12=約600円だったかな?)
何も聞かれずに付いてきたヨーグルト系のドレッシングは微妙だったけど、
サラダ自体についている味が美味しくて、うれしい誤算?で野菜をたっぷりいただきました。


でも結局ハンバーガーをもう一つ追加。
100424 (8).JPG(慌てて撮ったらピンボケすぎ!)
卵の入った1段のハンバーガー(R$8=約400円)
好みでソースが選べて、別で付いてきます。
マヨネーズのホット、というソースを頼んだら、
ピリ辛度といいなかなか美味しかったです。


こちらのお店も、入れ替わり立ち替わりお客さんが来ていましたが、
以前行ったTEMAKERIA(テマケリア:手巻き寿司屋)と同様、
夕食、というよりは小腹を満たす的に、
ぱっと食べて帰っていく人の率が高かったです。

私たちは野菜たっぷりサラダもあったので、しっかり満腹で帰りました。。。(^^)
posted by rurue at 02:15| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

café da manhã の店

先日行った"Praça do Caranguejo"(カニ広場)には、
休みの日の朝限定の、café da manhã (カフェ・ダ・マニャン=朝ごはん)のお店が出ています。
100111 (8).JPG
タピオカやサンドイッチと、café com leite(カフェ・コン・レイチ=カフェラテ)等で、
朝食を食べる人たちでにぎわってます。

この日はベーコンとチーズと卵の入ったサンドイッチを食べました。

100111 (2).JPG
中はこんな↓感じ。
100111 (4).JPG
(は、歯型が。。。(汗))

こっちのサンドイッチは、ホットサンドがポピュラーで、2枚の鉄板で挟んで焼かれます。
作っているところ↓。
100111 (6).JPG
ブラジルのベーコンは塩気が強いのでちょっとしょっぱめでしたが、
とっても美味しかったです。


さてさて、この広場には遊具のあるコーナーもありました。
100111 (7).JPG
で、よく見ると、滑り台は階段が無くて木で登る!
100111.JPG
華奢な(?)つくりで危なっかしい気もしましたが、子供連れに人気のコーナーでした。

posted by rurue at 05:05| Comment(2) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

「REI DO CARANGUEJO」

家から車で5分くらいのところに、
"Praça do Caranguejo"(プラッサ・ド・カランゲージョ=カニ広場)と呼ばれる場所があります。
一度行ってみたいと思っていたのですが、先週末に初めて行ってきました。
カランゲージョ屋さん(アマゾン河の河口付近でとれる蟹を出すお店)が何軒も集まっていて、
真ん中の広場にテーブルとイスが並ぶオープンエアな飲食店街です。

その中の、夫が以前、会社の人に連れてきてもらったという、
「REI DO CARANGUEJO」に行きました。
100228 (3).JPG
各お店の壁には巨大スクリーンが設置され、プロジェクターでTVが映し出されています。
日曜の7時ころに行ったのですが、サッカーの試合中継をしていて、
周りのお客さんはそれを見に来たサッカーファンがほとんどで、
試合中はビールやジュースの飲み物だけで、歓声を上げながら熱心にスクリーンを見ています。
一人で見ている人もいたし、グループで観戦している人たちもいました。
サッカーの国だなー、ということを再認識。

さてさて、オーダーしたのは、
100228 (4).JPG
カニのほぐし身の料理(ファロッファ、ビナグレッチがのっていて、まぜて食べます。)と、


100228 (5).JPG
カニ丸ごと1匹!
小さいまな板と叩く棒がついてきて、殻を叩いて割りながら食べます。
サイズはこの状態で縦10cm、横20cmくらい。大きい上海蟹くらいかな?
確かこれでR$7(約350円)だったかと。
殻がかたくて足も細くて一苦労でしたが、お味は美味しかったです(^^)v
カニミソも甘くておいしかった!・・・けど、ミソの色は真っ黒で、ちょっとびっくり。

もう一品、Tucunaré Frito(ツクナレ・フリット=ツクナレ(魚)の唐揚げ)を頼んでみたら・・・100228 (7).JPG
どーん!丸ごと一匹の唐揚げでした!しかも大きい!!
尾びれの先まで40cmくらいありました。
豆ごはん、ファロッファ、ビナグレッチがついて、R$28(約1400円)。うーん、お得。
お味の方も美味しくって、大満足。

お腹いっぱいー、といいながらも、こんな感じに食べました。
100228 (8-01).JPG
あー、写真の角度がちょっと違ったか(;^_^A

蟹は蟹、魚は魚でそれぞれ食べに来てもいいかもね、
と思った、大満足のカランゲージョ初体験でした。

posted by rurue at 03:50| Comment(4) | マナウスの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。