2012年12月17日

Corinthians優勝!

FIFA CLUB WORLD CUP 2012、ブラジルのCorinthiansが優勝しましたね。
IMG_4524-s.jpg

もちろんこちらでも生中継されてました。
・・・というか、試合1時間前、3位決定戦が終わった頃にTVをつけたら、
サンパウロ内のPublic Viewing会場での大盛り上がりの様子が中継されてました。
IMG_4512-s.jpg
これまた、室内会場だというのに花火!

試合が始まると、すごかったですね、横浜も。
IMG_4520-s.jpg
コリンチャンスのホームですか!?、的な。

ブラジル国内で、チケットが1万枚売れたそうですよ。
さらに日本にいるCorinthianos:コリンチャンスサポーターも駆けつけてるだろうから、
会場にいた約7万人の観客の、もしかしたら半分くらいはコリンチャンスファンだったかも。

さらにさらに、
IMG_4519-s.jpg
横浜の観客席でも花火!!!

日本の人たち、びっくりしただろうなー。


コリンチャンスサポーターは、サンパウロにある他のチームのサポーターよりも熱狂度がすごい、
とはよく知られた話で、今回のクラブワールドカップに出場が決まった際も、
文字通り家財をなげうって応援費用を捻出、そして日本へ応援に行った、
という人もたくさんいると聞いてます。

応援ツアーの出発日、サンパウロの国際空港Guarulhos空港では、
サポーターの大騒ぎにより空港内が大混雑、クルーも飛行機にたどりつけない事態になり、
多くの便が遅れる騒ぎとなってました。

さらに、日本にもその情報が行ってたせいかと思うけど、
「コリンチャンスサポーター立ち入り禁止」なんて看板をかかげるホテルの話も聞きました。
どんだけ恐れられてるんだ、といった感じです(^^;


そしてそして、試合当日の今朝、
朝早くから街のあちこちから爆竹の音がひびきわたり、
「日本に行ったのはごく一部で、サンパウロにはまだまだコリンチャンスサポーターいたよね」、
と改めて実感。

試合中得点を入れたシーンとか、試合終了時とかも爆竹&歓声が響き渡り、
その後、サンパウロのメインストリートAv. Paulistaでは優勝を祝うサポーターたちの、
自然発生的パレードも行われていました。
(試合終了約5時間たった今も、爆竹&クラクションが時折鳴ってます。。。)

いやいや、ここまで熱くなれるってほんとすごい。
おめでとうございました〜。


ちなみに、、、
決勝前にコリンチャンスのライバルチームの1つ、
パルメイラスファンのブラジル人と話す機会があったのですが、
「TOYOTAカップでコリンチャンスが勝っちゃうのは困る〜」、
とのことで、「Chelseaを応援する!」と言ってました。
ブラジルの代表としてコリンチャンスが活躍するのはおもしろくない、そうで。

これまた熱く観戦してたんだろうな〜。
posted by rurue at 03:45| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

初・サッカー観戦

DSC00422.jpg
週末に、Estádio do Pacaembuで、
Corinthians × Atlético-MG 戦を見てきました。

パカエンブー・スタジアムは、コリンチャンスの現本拠地で、
ライバルチーム(同じサンパウロの、サンパウロFCや、パルメイラス、近くのサントス等)との試合は、
ファン同士の乱闘騒ぎが起きる場合があったりしますが、
シーズン中盤のまだそんなにピリピリしてない時期であることと、
激しいライバル関係にないミナスジェライスのチームとの対戦だったので、
観戦初心者友達たちと、気軽に行くことができました。

まずはチケット入手から。
CorinthiansのWEB等でも購入できますが、
その場合、実物のチケットとの引き換えに必要な書類の原本が手元になかったためにネット購入は断念。
スタジアムの窓口に直接買いに行きました。
(あと、学生証を持っていると半額で購入できるのですが、その場合も窓口でしか買えません。)

ネットで買えるのは試合の数日(4~6日)前まで、逆に窓口では3日前からしか買えません。
・・・ということを知らず、今回はスタジアムに2回も行ってしまった(^^;
席は何種類かありますが、サイドラインの外側に位置するR$100(約4000円)のNumeradaという席に。
窓口で買うには身分証明書が必要で、1人で3席分のチケットを買うことができます。
(ネットだと1人で5席分買えるようです。)

で、無事に買えて当日。
家から歩いて行ってみたんだけど、
スタジアムに向かうユニフォームを着た大勢の人の流れに乗っていったら迷うことなく着きました。
本拠地なので、我々もコリンチアーノス(コリンチャンスファン)に変身して潜入。
・・・というか、チームカラーの黒や白を着てればOKな感じです。
120902 (9)-s.jpg
試合開始前から会場は大盛り上がり。

相手のAtlético Mineiraは、日本でも有名なRonaldinhoがいて、
しかも現時点でリーグトップに位置するチーム。
120902 (12)-s.jpg
髪型でわかるかな?


試合の方は、終始Atlético Mineiraの方が押してるように見え、
イエローカード2枚で監督と昔浦和レッズにいたEmersonが退場したりしてたものの、
コーナーキックからうまく1点取ったCorinthiansが1-0で勝利!

その瞬間を動画に撮れたので、興味ある方は見てね。



今回は、帰国の決まっているお友達との記念を兼ねた初観戦だったのですが、
会場の盛り上がりも楽しかったし、行き帰りも思ったほど大変じゃなくてよかったです。
また行きたいな~。

posted by rurue at 23:20| Comment(2) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月31日

ロンドンオリンピック

サンパウロでも見てますよ〜、オリンピック。
スポーツ番組チャンネルのESPNとSPORTVではこの時期、
オリンピックの特別チャンネルがいくつか増えて、常時いろんな競技を見ることができます。

IMG_4182-s.jpg
今日はバレーボール女子の日本対イタリアがやってました!

サッカーも、男子女子ともに予選1試合目は、他の競技が始まる前だったからか中継されてたけど、
2試合目は別の国の試合が中継されてて日本代表の姿は見えず。。。
なので、TVで他の試合を見つつネットのリアルタイム更新で確認してました。

日本でもそうかもしれないけど、
こっちでは特に、TVの番組表とは違う競技を中継してることが多々あるのですが、
女子サッカーの2戦目、日本対スウェーデン戦は最後の10分くらいが他の競技の合間に中継されました!

そんなラッキーがないかとついついTVを見続けてしまいます。
ロンドンとサンパウロの時差は-4時間、朝からいろんな競技が生中継してる、ってとこも理由かも。
そんなこんなでこの土日はチャンネル変えつつずっとオリンピックでした(^^;


不思議なのは今のところのサッカーの盛り上がりのなさ。
以前書きましたが、南米選手権(リベルタドーレス)とかだと、
試合のある日は朝から爆竹が鳴り響いてたのに、オリンピックの1次リーグなんて本当に静か。
ゴールが入っても何の音もしません。
決勝トーナメントだとまた違うのかな。
posted by rurue at 06:10| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

リベルタドーレス決勝戦

今日、7月4日(水)は、
120704 (4)-s.jpg
リベルタドーレス(南米クラブチーム選手権。優勝者が12月トヨタカップに出る、ってやつ)の、
決勝戦、コリンチャンス(ブラジル)対ボカ・ジュニオールス(アルゼンチン)の日です。


ブラジル人のサッカー好きは有名ですが、
贔屓のチームが得点したり勝ったりした暁には、
普段から、街中で歓声が上がり爆竹が鳴り響きます。
(屋外でもBARでも、自宅のベランダでも爆竹です。)

普通の試合ですらそうなのに、
南米のクラブチームNo.1を決める決勝戦ともなれば気合いの入り方が違っていて、
今日は午前中からあちらこちらで爆竹の音が!
試合開始は21時45分だというのに。。。
(相手がアルゼンチンチームってのも関係してるのかも。)

リベルタドーレスの決勝トーナメントはホームとアウェーで1試合ずつ。
先週アルゼンチンのボカのホームでは1対1の引き分けだったので、
本当に、どっちに転ぶかわかりません。
・・・なんて、ブラジル人は思ってないでしょうね(^^;
「コリンチャンスがホームで勝つ!」という思いだけでしょう。。。


実は我が家、決勝戦の行われるパカエンブースタジアムからは直線距離で約1.5Km。
先ほど試合が始まりましたが、スタジアムの盛り上がりも風に乗って聞こえてきます。
ま、スタジアムに近くなくても、
近所の人たちのTV観戦の歓声が聞こえる、ってパターンがほとんどですが(^^;

スタジアム方面に見えるTV塔、
いつもは青系のキレイなライトアップだけど、
120704 (2)-s.jpg
今日は白系です。(この写真だと青っぽいけど、
いつもよりずっと白いです。多分コリンチャンスカラーにしてるんだと思う。)


試合が終わるのは夜中の0時近く。
勝ったら勝ったで、そして負けたら負けたで爆竹を鳴らしての大騒ぎが朝まで続くことでしょう。


ちなみにるるは、マナウス時代から続くサッカー時の爆竹音は、
悠々クリアしてるらしく、びびりもしません(^^;
よかったよかった。。。

posted by rurue at 09:55| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

Brasil Open

サンパウロで2月11日から19日まで、テニスのATPワールドツアーの1大会、
ブラジル・オープンが開催されています。

公式WEBはこちら→http://www.brasilopen.com.br/site/
イビラプエラ公園の体育館:Ginásio do Ibirapueraが会場とのことで、行ってきました。

120213 (2)-s.jpg

会場にはスポンサー企業のブースがちらほら。
120213 (3)-s.jpg
アシックスブースではテニスグッズが売ってます。


メイン会場はこんな感じ。
120213 (5)-s.jpg

テニスのプロの試合、生で見るのは初めてだけど、迫力ある〜!
120213 (6)-s.jpg
ランキング50位とか60位くらいの選手が多く、TVで見てるトップ選手たちとは違うとはいえ、
プロのスピード感や力強さが生で見れるのは楽しい!


やっぱり生スポーツは楽しい!

120213 (11)-s.jpg
ベンチがソファみたいだったり、

120213.JPG
選手の服装がまったく同じだったり、

線審がしょっちゅう交代したり、
客席からの拍手がわくときと静かなときがあったり、
などなど、初めてのテニス観戦、興味深々で楽しめました(^^)。


会場の、コートに近い下段(写真だと青い席)がCadeira Inferior、
その上の黄色い席がCadeira Superiorとなっていて、
料金は、
                        Cadeira Inferior  / Cadeira Superior          
木曜日までが     R$50(約2500円) / R$15(約750円)、
金曜日の準々決勝  R$60(約3000円) / R$25(約1250円)、
土曜日の準決勝   R$100(約5000円) /R$25(約1250円)、
日曜日の決勝     R$100(約5000円) / R$35(約1750円)、

となってます。
が、今WEBで見ると準決勝と決勝の高い席はもう売り切れだそうです。

今回見たのは安い方の席からでしたが、楽しかったからまた行くつもりです(^^)v


(注:今のレートはR$1=45円くらいなので、実際はもう少し安いのですが、
 ブログ中と私の頭の中はブラジルに来た当初のR$=50円計算をしてますのであしからず。)

posted by rurue at 17:50| Comment(2) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

シーズン到来!

NCAA COLLEGE BASKETBALLのシーズンがやってまいりました。
サンパウロでも、ESPN HDチャンネルで、こんな開幕試合を見ることができました。


111111 (9)-s.jpg
UNC vs MSU @空母の上!
こんな、屋外でのゲームを見たのは初めてです。


111111 (3)-s.jpg
オバマ大統領も来てました!


最初は明るかったけど、
111111 (13)-s.jpg

だんだんと日は暮れて、
111111 (17)-s.jpg

最後は真っ暗に。
111111 (24)-s.jpg

天気が良くてよかったねー。雨だったらさすがに中止だよね、きっと。
(でも風とか揺れはどうだったんだろう??)

この試合の様子を詳しく見たい方はESPNのサイトでどうぞ。(注:音が出ます。)

ブラジルでもNCAAカレッジバスケのレギュラーシーズンゲームはたまーに放映されます。
マナウスと違って、サンパウロはアメリカとの時差が大きくなったので、
生中継を見るのはなかなか厳しくなりましたが。

それでも、NBAが未だLOCK OUT中でゲームがない中、
たまにでもNCAAが見れるのはうれしいことです。

posted by rurue at 02:20| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

NCAA TOURNAMENT 2011

IMG_2370-s.jpg

MARCH MADNESS、「3月の熱狂」とでも訳すのでしょうか。
アメリカの大学バスケットのシーズン終盤、
今は、最終トーナメントの真っ最中で、
SWEET 16(ベスト16)が出そろい、ELITE 8(ベスト8)をかけた戦いが繰り広げられてます。


一昨年までは日本で、去年からマナウスでTV観戦しています。


マナウスのケーブルTV会社はいくつかありますが、
我が家はNET(ネッチ、と読みます)と契約しています。
契約当初から、ESPN:アメリカのスポーツチャンネルを追加選択して見れるようにしています。

去年の後半に契約をネットとTVと電話の3点セットに変更したところ、
NETの機器が高解像度チャンネルが見れるものに代わり、
おかげで今年は『ESPN HD』チャンネルで、かなりきれいな画像で見れています。

(高解像度チャンネルでない普通のESPNは、目がかすんでるのかと思うほどの粗さなので、
 HDチャンネルのキレイさは本当にありがたい。)



アメリカとブラジルは時差が少ない、というか、
試合開催場所によってはマナウスと時差がなかったりもするので、
ゴールデンタイムの試合はマナウスでも夜に見ることができます。

・・・が、普段早寝早起きのマナウス生活、
夜の12時まで起きているなんて(私にとっては)めずらしい。

で、なぜかTV観戦してると一緒になって起きている、るるも宵っ張りモード。

110324 (3)-s.jpg
「もう寝ようよー」
と、言わんばかりにねむそうに付き合ってます。寝てていいのに(^^;


 

トーナメントの詳細が気になる方は、
ESPNのサイト内のNCAA COLLEGE BASKETBALLページでどうぞ。(英語のサイトですが。)
未来のNBA選手がたくさん活躍しています。

posted by rurue at 14:30| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

Copa da Ásia de Futebol

110125-s.jpg
日本、韓国に勝ちましたね〜!

なんとブラジルでも、アジアカップが見れるんです。
さすがサッカーの国!

ブラジルのスポーツチャンネル、「SporTV」で生中継しています。
グループリーグから、全部の日本戦を見ることができました(^^)v

マナウスと開催地カタールの時差は7時間。
今日の準決勝はマナウスでは25日の朝の9時25分からでした。
家事を済ませ、TVの前で応援してました。

もちろんポ語アナウンスですが、
スポーツ中継は見てればわかるので問題なし。

ブラジルのアナウンサーも、
日本選手の名前と所属チーム名を言っているのがわかります。

ただ、ポ語と、日本語のアルファベット表記の発音の違いはいくつかあって、
「UCHIDA」は何度も名前をアナウンスされるけどいつも、
「ウシダ」でした。。。

 

次は決勝ですね。
マナウスでは土曜日の午前11時から(だと思う)。
ガンバレ、ニッポン!

posted by rurue at 04:00| Comment(2) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

Charity game

TVをつけたらバスケットのチャリティゲームが始まるところでした。
開催場所はリオ・デジャネイロです。
NBAのブラジル人選手、BARBOSAVAREJAOの、凱旋チャリティゲームといった感じでした。

 

NBA.comには小さく記事が載ってました。(こちら↓)
http://www.nba.com/2009/news/08/09/brazil.game.ap/index.html?rss=true


対戦は、「AMIGOS LEANDRINHO」対「AMIGOS VAREJÃO」。
「BARBOSA(=LEANDRO BARBOSA)の友達」対「VAREJÃOの友達」!?

日本にはないネーミングがちょっと面白かったです(;^_^A

(それと、BARBOSAはユニフォームの背中にもBARBOSAと書いてありますが、
 ブラジルでは"LEANDRINHO"と呼ばれてるみたいです。)


たぶん本当にお友達、というか、NBAのチームメイトが何人か来ていました。
VAREJÃOのチーム、Cleveland Cavaliersの監督も来て、コーチをしていました。
他はたぶん、国内リーグの選手だと思います。(かつ、お友達なのか??)


でもでも・・・、会場は広い体育館でしたが2階席以上はガラガラ。
NBAファンが一部と、たぶん国内リーグファンと、VAREJÃOのかつらをかぶった子供たち、
国家斉唱をした合唱団の子供たち、他は一般の観客がちらほら、のようでした。


近かったら行きたかったなー、と思いながらTVを見ていましたが、すぐに、

・・・チャリティゲームって、こんな感じなの??
という思いでいっぱいに(>_<)

確かに、まだNBAのシーズン前だし、
調整もしてないだろうから怪我したら困るし、
チーム練習なんかも全く無いんだろうからバラバラで当然なんだけど、
シュートがあまりに入らず、ダンクも外しまくりで、
NBA選手が見れる〜、と思って見ると、「あ、あれ〜??」みたいな感じでした。

その中で、週末に子供向けコミックのキャラクターとして登場するというVAREJÃOは、
だらだらしたゲーム運びになったときにちゃんと(?)ダンクを決めて、
見せ場を作っていました。。。

3Qと4Qの間に、BARBOSAとVAREJÃOから50,000USDずつの(たぶん)寄付を贈っていたりして、
終わったあともインタビューなどで選手たちは満足そうだったし、
チャリティとしてはきっと大成功を遂げたみたいです(:^_^A

が、私は途中で寝てしまい、翌日の再放送(?)で残りを見ました(^^;
posted by rurue at 06:35| Comment(2) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

NCAA CHAMPIONSHIP 2009

ちょっと日が経ってしまいましたが、先日の記事の続きです(^^;

決勝はUNC対MSUのカードでした。
(予想外れて。というか、好みのチームUConnが負けてしまって(涙)。)

で、結果は常時10点以上の差をつけて、UNCの圧勝です!!
おめでとう!!!

詳しくはこちら(ESPNの決勝要約記事)でどうぞ。



ゲームでは、UNCのスターたちが大活躍でした。

Ty Lawson(Junior=3年生) 21得点 8steal(敵からパスカットしたりしてボールをとること。)

Wayne Ellington(Junior) 19得点

Tyler Hansbrough (Senior=4年生) 18得点


そしてこの3人の中でも特にWayne Ellingtonが、
決勝での活躍によってNBAのドラフト順位を上げただろうと言われています。


そう、大学トップクラスで活躍する選手は、次はプロの世界=NBAへの道が待っているのです。


トーナメントが終わる(=シーズンが終わる)と次は、今年のドラフトで誰が何位でいくか、
という話題がメインになってきます。

NBA全30チームが新人を指名していくドラフトで、
指名されるかどうか、されるとしたら1巡目か2巡目か、
それがまたドキドキの一大事となるのです。

NBAのドラフトは、ヨーロッパのプロリーグやアメリカ以外の大学からくる選手も入るので
NCAA出身者だけではないのですが、
1巡目と2巡目では雇用保証の有無が違い、
(1巡目は雇用保証があるけど2巡目はないのですぐ解雇される可能性あり。)
どっちになるかはドキドキ度が大きく違ってきます。
もちろんNBAで活躍できれば文句無しで良いですが、
NCAAでスターでも、NBAでは通用しない、ということは多々あります。
(まあ結局通用しなければ、何巡目だろうとそのうちいなくなってしまうのですが・・・(T_T))


さらに、4年生=卒業する選手は、ドラフトの結果待ちというシンプルな形なのですが、
1年生から3年生までの、まだ学生生活が残っている選手は、
”Early entry”といって、自分で「大学を辞めてNBAドラフトに出る」と表明しなくてはなりません。
ドラフト前には様々な予想がなされ、そこで何位くらいに入るかどうか等を参考に検討するのですが、
Early entryしてドラフトされない場合、大学に戻れなくなってしまうのです。
期限ぎりぎりになって「やっぱり大学に戻る」と表明する選手もたくさんいます。

また、活躍していなければ高い順位でいかれないので、
今年の活躍で十分なのか、来年の方が活躍できるんじゃないかとか、
なかなか悩ましいと思います。



とにかく、ファンとしては6月末のドラフトまではまたドキドキ期間が続くのです。
いやー、どうなることやら。。。

今年は頑張って英語記事を読んで、
6月末まで追いかけて楽しもうと思います(^^;
posted by rurue at 20:10| Comment(3) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

NCAA COLLEGE BASKETBALL TOURNAMENT 2009

年に1度の大盛り上がりの季節がやってまいりました。
(注:あくまで我が家基準です(笑)!)

アメリカの大学バスケのチャンピオンを決めるトーナメントです。
すでに4強が出揃い、日本時間の4月5日日曜朝に準決勝、7日火曜朝に決勝が行われ、
今年のチャンピオンが決定します。


日本では「4強」とか「ベスト4」とか言いますが、
アメリカでは"Final Four"と呼ばれます。

(ちなみにベスト8は "Elite Eight"、ベスト16は "Sweet Sixteen"と呼ばれます。
 なんだか素敵な言い回しに聞こえます(^^))
 

今年のFinal Fourは、


North Carolina(ノースカロライナ)
Connecticut(コネチカット) 
Villanova(ビラノバ)
Michigan State(ミシガンステイト)
の4校です。
 
それぞれ大学マスコットに絡めて愛称があって、

North Carolina
 正式名称:University of North Carolina
 愛称:North Carolina Tar Heels(ターヒールズ)=「踵についたタール」。
    (タバコの産地に位置するのでこんな愛称が。)
    UNC(正式名の頭文字)
 マスコット:強そうな羊

Connecticut
 正式名称:University of Connecticut
 愛称:UConn Huskies (ユーコン ハスキーズ)/ UConn
 マスコット:ハスキー犬

Villanova
 正式名称:Villanova University
 愛称:Villanova Wildcats(ワイルドキャッツ) / Nova
 マスコット:山猫

Michigan State
 正式名称:Michigan State University
 愛称:Spartans(スパルタンズ) / MSU(正式名の頭文字)
 マスコット:スパルタの戦士(ギリシャ神話の国の戦士)


といった感じになっていて、TV中継や記事中では愛称で呼ばれることが多く、
知らないと「何? 何の話??」となってしまいます。
マスコットはそれぞれ、なかなかかわいいキャラクターやカッコいいシンボルマークとなっていて、
大学のお店で幅広いキャラクターグッズが手に入ります。
Tシャツやトレーナーから、マグカップやゴルフグッズ、さらには赤ちゃん用品に至るまで(!)、
いろんなものが売っていて、地元ファンや卒業生や、チームファンの心をつかんでいます。

…と、こっちに話が行くとバスケの話に戻れなくなるので(笑)、
かわいいキャラ話はまたの機会に(;^^A

 
今年のFinal Fourは、「運命づけられた」とも言える4校だそうです。
 

UNC
 2年連続FinalFour。去年の雪辱に燃えて、去年のスタメンが全員大学に残った。
 (マイケルジョーダンの出身校としても有名。)


UConn
 10年前、5年前と、トーナメントで今回と同じブロック(West Regional)から出て優勝している。
 (レイ・アレン、リチャード・ハミルトン等々、NBAで活躍している選手多い!)

MSU
 決勝開催地Detroitのある地元州校。11年間で5回もFinalFourに来ているのは全米1位。
 (マジックジョンソンが率いて優勝してから30年!)


Nova
 かつて「世紀の大番狂わせ」と言われて優勝したことのあるチーム。今回もそれに続くか!?

 
 


アメリカでは日本よりずっと大学が地域に根差しているせいか、
NCAA(大学スポーツ)はとても人気があり、
その中でもバスケットボールはとってもメジャーなんだそうです。
何度か旅行がてら見に行ったことがありますが、
それこそ老若男女が熱狂的に応援しています。
人気ある大学のゲームになると、いつも満席でダフ屋が出ています。

大学はメンバーは4年で卒業していくし、
凄いプレーヤーは4年やらずに途中でNBA(プロ)に行ってしまうので、
チームの力を保つのはプロより大変だろうと思うのですが、
そこは、名物監督の指導の仕方や戦術、
そのチームカラーに合ったリクルーティング(高校生の勧誘)で、
常に強い10数校はいつも強いのがまた凄いところです。

 

我が家の予想屋(注:あくまで個人的に楽しんでるだけですが)の予想では、
決勝はUNC対UConnだそうです。
どうなるでしょう??


詳しくは、ESPNのサイトをご参照ください。
リアルタイム中継もあり、ゲームの動画も見られます。(英語ですが。)
テレビでは、J-sky sportsでやってます。(こちらは日本語でも解説あり。)

ではでは、観戦体制に入ります!
posted by rurue at 07:52| Comment(2) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

NBA ALL-STAR GAME 2009

昨日、NBAのオールスターゲームがありました。
(現地時間は15日日曜の夜、日本でのTV放映は16日の午前中でした。)

いやー、本当に「お祭り」という言葉がぴったりで、見ていて本当に楽しかった〜!
毎年、メインゲームが1試合しかないのが残念でたまりません。

・・・とここで全く知らない方へ超簡単にご説明を。
一言で言うと、「アメリカのプロバスケットボールNBAのオールスター戦」です。
各チームのエース級の選手たちが、WESTとEASTにわかれて試合します。
野球のオールスター戦と同じような感じですね。

ALL-STAR WEEKENDは、
金曜:ルーキーチャレンジ(1年目選手の選抜チーム対2年目選手の選抜チームのゲーム)
土曜:スラムダンクコンテスト などなど
日曜:オールスターゲーム(メインゲーム)
というスケジュールで、開催地は町中盛り上がるそうです。

選手たちもいつもとっても楽しそうで、そんなベンチの様子を見るのも楽しみです。


MVPは、日本でもおなじみのKobe Bryant(コービー)とShaquille O'Neal(シャック)の元チームメイトの二人。

コービーは、「今一番マイケルジョーダンに近い男」ともいわれる名実ともにレイカーズのエースですね。
一方シャックは、身長216cm、体重140kgの大男。豪快なダンクが人気の選手です。
彼がNBA入りしてから、ゴールリングの強度が上がったらしいです。
(ダンク後にぶらさがって何回かリングを壊してしまったので、強化したんだって。)
でも今は36歳で、最盛期は越してしまった感もありますが、
さすがエンターテイナーといった感でオールスターを盛り上げてました。
特に、サッカーで言うワンツーの走る方をその巨漢でやってダンク、のプレーは盛り上がりました!

個人的にはTony ParkerとChris Paulのアーリーウープが、
両者のすごさを見せつけてた気がしておおっ!と思いました。
コートの真ん中あたりからトニー・パーカーがリングの近くにパスを出し、
それをクリス・ポールが空中でとってそのままダンク。
クリス・ポールって、身長が183cmくらい(NBAじゃ小さい方!)なのにダンクを軽々できるのがすごいし、
そんな相手に長いパスで合わせるトニー・パーカーの正確さもすごい!

興味ある方はESPNで動画が見られます。
英語のサイトですが、スポーツって言葉の壁を超えますね。・・・というつもりになって見ています(^^;



====================================================
さて、昨日は実はこのオールスターゲームをテレビ観戦した後に、
ここ↓に行ってきました。
090216-17 (4).JPG
わかる人にはわかる、マニアックな世界・・・(笑)。続きはまた明日!

posted by rurue at 16:50| Comment(2) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

Super Bowl

スーパーボウルって、アメフトですよ〜。
アメリカのスポーツで最も人気があるといわれるアメフト。
その中でも昨日(現地2月2日)行われたスーパーボウルはシーズン王者を決める超人気の試合です。

・・・と、ここまで書きましたが、アメフトってなんだかルールもよくわからないし
人もいっぱいいてよくわからない。。。というそこのあなた!
私も似たようなものでした。
というか、今も半分くらい(半分以下?)しか、理解してないです、たぶん。

おおざっぱに説明すると、
ゴールエリアにボールを入れて点をとる。ディフェンスはそれを全力で阻止する。(ラグビーみたいな。)
・オフェンスは、4回の攻撃で10ヤード(約9m)進むことが必要。進めない場合は、相手に攻撃権が移る。
・1つのチームにオフェンス専門部隊とディフェンス専門部隊がいて、攻守入れ替わると人も入れ替わる。(だから人数がめちゃめちゃ多い)。
という感じです。

あとは、

・細かく反則が決められている。
・コートには5ヤード毎に線が引いてある。ゴールライン間は100ヤード(約91m)。
・TV中継だと、画面上にオフェンスが進まないといけない距離を色付きラインで表示してくれている。(よくあるのは黄色いライン)。
・試合時間は15分ずつの4クォーター(=60分)だけど、実際は時計がよく止まるので、1試合は3〜4時間かかる。

ということがわかると、だいぶ分かった気になります(笑)。
我ながら、おおざっぱ過ぎる〜!とは思いますが、詳しく知りたい方はぜひネット上で調べてみてね。

まあとにかく、
「屈強な男たちの、ものすごい身体能力やパワーを見せつけられて圧倒されるスポーツ」
なんです!(なんだか強引。)


今回のスーパーボウルで私の印象に残ったのは、
・Steelers(←優勝したチーム名)のJames Harrisonの100ヤードタッチダウン
・Cardinals(←その相手チーム)のLarry Fitzgeraldの身体能力!
です。

ひとつめの、Harrisonのタッチダウンは、ディフェンス専門部隊のがっしりした110kg(!)の人が、
ボールを奪ってコートの端から端まで走ってタッチダウン(得点!)、という迫力満点、見ている方もドキドキ、の展開でした。
100ヤード(端から端まで)というのは、スーパーボウル史上でも初だそうです。

それとふたつめ、Larry Fitzgerald。前半こそ、相手ディフェンスに抑えられて目立たなかったのですが、
後半そのジャンプ力とスタイル(!)で、私の目をくぎ付けにしました!
ええ、もちろん2タッチダウンと大活躍。
でも今調べたら、この人も体重約100kgでした。でも、身長が190cm超でウェストがぎゅっと細くて、
見るからに足速そう〜、というルックス。(「きゅっ」どころじゃなくて「ぎゅっ」です。)
高いパスを確実にキャッチする、その能力もすごいっ!


ということで、我が家のスポーツ観戦マニアの夫(←「マニア」と言うなと怒られました。「本当のマニアの人に失礼だから」だって。でも他の表現がないから書いちゃった(笑))が出勤したあとも、試合終了までテレビの前から動けなかった私でした。

ちなみに、5年前位、ロサンゼルスでUSC(南カリフォルニア大学。その年の大学チャンピオン)のゲームを見たことがあります。
いやー、大興奮でしたね。そんな話は機会があればまた。。。
posted by rurue at 09:50| Comment(0) | スポーツ観戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。