2014年02月26日

「Peixaria Bar e Venda」

「A Peixaria」と同じく、"魚屋さん"という名前のついた飲み屋「Peixaria Bar e Venda」
DSC01165.jpg
ここは、ビーチな雰囲気が楽しい魚自慢のお店です。

DSC01173.jpg
正面入口のすぐ右は、丸ごと1匹の魚が並ぶショーケース。

DSC01171.jpg

この中から好きな魚を選んで、
DSC01168.jpg
階段近くの炭火焼コーナーで焼いてもらって、

DSC01174.jpg
豆入りビナグレッチとバナナファロッファと一緒に大皿で出てくるこの焼き魚が一押しです!

この他にも、
DSC01166.jpg
マリネ等々のお惣菜ショーケースから好きなものを少しずつ頼むとか、

DSC01169.jpg
マナウスではおなじみだったピラニアのスープ、なんてのもメニューにあります。

あとは
DSC01180.jpg
ブラジルの飲み屋につきもののバカリャウのコロッケとか、

DSC01170.jpg
タコの足のフライ、なんてのも。

そしてカイピリーニャを頼むと、
DSC01177.jpg
こんなかわいい瓶で届いて、好きなだけ振ってから注ぎます。これは確かブドウのカイピリーニャ。

DSC01175.jpg
こちらはキウイ。

大勢でワイワイ行って、大きい魚を頼むのがおススメです(^^)

リンクしたTIMEOUTの記事にも書いてあるけど、
「五つ星のお料理にはほど遠いけど」、みんなでわいわい焼き魚を食べるのは、
お店の雰囲気も楽しいしおススメです。
(違うもの(ムール貝)を頼んだらイマイチだった経験があるので、
やっぱりここは焼き魚のお店なんだと思います。)

サンパウロの人たちにも人気のお店で、常に歩道まで人だかりができてます。
それと、目の前がサンバのEscola(チーム)の拠点のようで、
カーニバルが近づくと大盛り上がりの練習風景が見られることも。


「Peixaria Bar e Venda」
http://www.timeout.com.br/sao-paulo/restaurantes/venues/804/peixaria-bar-e-venda
http://vejasp.abril.com.br/estabelecimento/peixaria-bar-e-venda#2


posted by rurue at 09:00| Comment(2) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

「La Frontera」

「Sal Gastronomia」と同じく、「羊が美味しいレストラン」を探していて見つけたのがこちら、

DSC01062.jpg
「La Frontera」
Consolação墓地に面した、静かな佇まいのレストランです。

ここの前菜、
DSC00713.jpg

DSC00714.jpg
小イカのガーリックハーブ炒めは必ずオーダーしちゃいます(^^;

それと、
DSC00980.jpg
焼きパウミット(ヤシの新芽)も甘味があって美味しい!

さらにさらに、
DSC00983.jpg
金土日しかないこのムール貝がまた絶品!
セロリや玉ねぎ、トマトが入ったスープに貝の味が出て◎。
以前の記事で、「他の店で出会った立派なムール貝」と書いたのがこれです。
身が大きくて食べ応えがありました〜(^^)

そしてメインのお肉。
ここのお店は、サンパウロで30年続くアルゼンチン肉レストラン「Martin Fierro」(注:音が出ます!)
と同じオーナーで、こちらでも美味しいアルゼンチン肉が食べられます。
DSC01065.jpg
Ojo de Bife(=Rib Eye:リブ アイ)が、とっても柔らかい〜。

別のときに、2つに分けて持ってきてくれたのがこちら。
DSC00984.jpg
焼き方は指定できます。これはAo Ponto(ミディアムレア)。

それと、3時間焼いたLeitão(子豚)というのも、
DSC00985.jpg
とろっとろで美味しかったです。(これ↑も半分量です。)

忘れてはならない、目的の羊。
DSC01064.jpg
これは取り分けやすいように切ってきてくれたもの。(一皿分です。)
写真見てたら食べたくなってきた〜。

それと、デザートも、
DSC00986.jpg
チョコのミルフィーユとか、

DSC00987.jpg
洋ナシのコンポート アイスクリーム添えとか、
お腹いっぱいでもつい頼んでしまう〜(^^;

店内の雰囲気も清潔感あって落ち着いていて(って、写真なかった(^^;)、サービスも感じよく、
週末のランチタイムにはすぐに満席になって並んでいるのも納得のレストランです。


「La Frontera」
http://www.restaurantelafrontera.com.br/
http://sao-paulo.restorando.com.br/restaurante/la-frontera?gclid=COyNg9ek27wCFYRQ7AoduSgAHg
posted by rurue at 00:55| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

「Pomodori」

s-DSC00997.jpg
トマトのかわいい看板が目印のイタリアン。

ここの、
s-DSC00990.jpg
このパスタに感動!
シンプルなトマトソースとアルデンテの麺が、私の中でのブラジルNo.1!
珍しく、パスタ目当てで行きたいと思うお店です。

そもそも、何も言わないとやわらかめパスタの確率が高いので、
自然とお店でパスタを頼まなくなっていたのですが、
この日のランチセットの中で、お友達が頼んだこのパスタを味見させてもらって大感激。
(味見だけなのにNo.1発言(笑)。)

ちなみにこの日のランチセットは、
s-DSC00988.jpg
Couvertにパンとフォカッチャとカポナータ、サラミにハム、

s-DSC00989.jpg
前菜からサラダを選び、

s-DSC00991.jpg
私のメインは羊のラグーのせリゾット、
(これも、ちょっとラグーがしょっぱかったものの美味しかった!!リゾットもしっかりアルデンテ!)

ランチセットはあとデザート付。
s-DSC00992.jpg
Sorveteを頼みました。バニラはしっかりバニラビーンズが入っていてこれも美味しかった!


ここのパスタをまた食べたい!と思って、別の日のランチに行ってみたら、
この日は、
s-DSC01060.jpg
Mezzalua(半月)のパスタのレモンソースかけでした。
これはこれでソースがまたさっぱりと美味しかったけど、スパゲッティの勝ちだなー。
(そもそもスパゲッティ狙いだったので(^^;)

この日お友達が頼んだのは魚料理。
s-DSC01061.jpg
鯛が香ばしくソテーされていて、これも美味しかった!!

ランチセットが曜日替わりメニューで、前菜2種、メイン3種から選べます。

そして、店内は、
s-DSC00993.jpg
2つのフロアで奥行のあるつくり。(これは奥のフロア。)
このときは時間遅めに行ったのでランチタイムの最後の方だったけど、
良い時間(12:30頃)に行ったら予約でいっぱいだったこともあります。

s-DSC00998.jpg
雰囲気ある入口を入ったところに、

s-DSC00999.jpg
今年から変わったという若い女性シェフのかわいい写真と記事が、
トマトたちに囲まれて飾ってあります。


「Pomodori」
http://www.pomodori.com.br/
http://vejasp.abril.com.br/estabelecimento/pomodori
posted by rurue at 21:30| Comment(2) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

二度目の「A Peixaria」

この日は、
s-131109 (5).jpg
Couvertの1品が前回とは違いタコのビナグレッチ。

前菜に、
s-131109 (1).jpg
Fritura caiçara、魚介のフライ。
イカが特に美味しかった!

そしてそして、近くの席の人が食べていておいしそうだったMexilhões:ムール貝をオーダー。
s-131109 (2).jpg
これ、一つ一つが大きくて食べごたえある〜!
このとき初めて知りましたが、身の色の違いは、オレンジ=メス、白=オス、だそうですね。

この日は魚屋さんコーナーでTamboril:アンコウを発見。
お店の人におすすめ調理法を聞くと、Grelhado:焼きとのことなのでそれでオーダー。
s-131109 (3).jpg
エビもつけてもらったので、その右に隠れたようにあるのがアンコウです。
こんな形でアンコウを食べるのは初めてだったけど、プリップリで美味しかった〜。

この日もデザートはクリームブリュレ。
s-131109 (4).jpg

またしても大満足のランチでした♪

ムール貝、こんなに立派なサイズにはじめて会った〜、と思っていたら、
つい最近別のお店でこれに張るか、これ以上かも、のサイズに出会いました(^^;
その様子はまたそのうちに。。。


「A Peixaria」
http://vejasp.abril.com.br/estabelecimento/a-peixaria

posted by rurue at 21:20| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

「Sal Gastronomia」

Webサイトのシェフとタコが印象的な、「Sal Gastronomia」。
s-DSC00911.jpg
通りに面しては黒い壁に「SAL」と文字があるだけ。
駐車場兼通路を奥に進むと、
s-DSC04350.jpg
ガラスの大きな扉が現れます。(別のときに撮った昼の写真(^^;)
このところお気に入りのお店です。

そもそもは、羊の美味しいレストランを探していてみつけたのですが、
その羊のお料理がこちら。
s-DSC04352.jpg
ミディアムレアに焼いた羊肉に2種のチーズのピュレとキノコ添えられていて、
下のソースがなんとブラジル果物のジャブチカバ(詳しくはWikipediaで。)のソース。
(このときは半生が苦手な友人がいたのでよく焼いてもらいましたが、普通に頼むと中がピンクです。)
これ、ワインにぴったりの羊好きが喜ぶ一皿です(^^)

他のメニューもどれも美味しくて、たとえばこの前菜の一皿、
s-DSC00899.jpg
ソフトシェルクラブのパン粉&ビナグレッチソースかけも絶品。
今まで写真におさめたのを並べても、
s-DSC00897.jpgs-DSC04351.jpg
焼きチーズとブドウの蜂蜜かけ、      イチジクのサラダ、
s-DSC00898.jpgs-DSC00901.jpg
ホタテのクリームソース、           タコのリゾット、
s-DSC04353.jpgs-DSC00902.jpg
タコの足のグリル 焼き野菜添え、    牛ステーキ 山芋のピュレ、
などなど、見た目もキレイで味も◎。

この前食べた、
s-DSC00900.jpg
ゴマの衣をつけた炙りマグロてりやきソース 黒米リゾット添え、
も、とっても美味しかった〜!

店内はブレブレだけどこんな感じです。
s-DSC00908.jpg
ちょっと日本のお店を思い出します。↑この右側がガラス張りの厨房で、
夜もふけてくると、
s-DSC00906.jpg
写真でタコをつかんでたオーナーシェフが活躍する姿を見ることができます(^^)

「Sal Gastronomia」
http://www.salgastronomia.com.br/v1/

posted by rurue at 03:55| Comment(2) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

「A Peixaria」

その名も「魚屋」、というレストラン。
店頭は、
photo.JPG
うん、魚屋。(この写真、Vejaのサイトから拝借。)
そして、階段を数段上がると、
s-DSC00869.jpg
こんなかわいらしい感じのカジュアルなレストランスペースになってます。

この日、魚屋さんスペースは、
s-DSC00874.jpg
(上の大きい顔だけ見えてるのがPescada amalera、その下がCavalinha、
 その下の縦に並んでるのがCongrio rosa。。。だったと思う(^^;)


s-DSC00872.jpg

s-DSC00873.jpg
こんな感じのラインナップでした。

3人で行ったので、前菜から1品、切り身を3種類選んでGrelhado:焼き、でオーダー。
(Grelhado、No Sal:塩釜焼き、Frito:揚げ、から選べます。)

Couvertは、
s-DSC00871.jpg
パンとバターと魚のおつまみみたいなもの。パンのお皿が魚型でかわいい!

前菜のVapor de Peixe。こんな↓かわいい蓋つきで、
s-DSC00875.jpg
中は、
s-DSC00876.jpg
魚介あれこれ。このスープがまたいいお味でした♪
この時点で、「あれ?、結構おしゃれなお料理だ。。。」と思っていたけど、
次のメインで再確認。
s-DSC00878.jpg

s-DSC00881.jpg
盛り付けもおしゃれで上品な感じ。もちろんお味も◎!
(上の白身二つが、Pargo negroとPescada amalera、
 下の赤味はXaréuというお店のお兄さんのおすすめ。調べたら日本でも獲れる魚だそう。)
店頭で魚を選んで調理、ってとこから、勝手に港の市場風を想像してたのですが、
いい意味で裏切られました(^^;

付け合わせの野菜たちも、
s-DSC00879.jpg
彩も美しい!

ここはデザートも美味しいと聞いて、3人で2品、
s-DSC00883.jpg
クリームブリュレと、

s-DSC00884.jpg
Torroneを頼みました。
両方とも、濃厚だけど美味しかった〜。

大満足のランチになりました♪
・・・が、思ったより高かった、というのが正直なところ。
これまた、港の市場風をイメージしてたからかも(^^;

でもでも、食べたいものを好きな調理法で食べたい分だけ、というオーダーは楽しいし、
お味も美味しかったので、次は違う調理法を試しにまた行きたいな。

「A Peixaria」
http://vejasp.abril.com.br/estabelecimento/a-peixaria
※Vejaで☆2つ評価なのは、どうも以前は接客がよくなかったっぽい。。。
 私が行ったときはとっても親切なお兄さんたちがきちんと対応してくれました。

posted by rurue at 21:30| Comment(4) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

Le Vinのムール貝+α

以前品切れで食べられなかった「Le Vin Bistrô」のムール貝。
s-DSC00853.jpg
その後、美味しく何度もリピート中(^^)v
これ↑はMexilhões à provençal:プロバンス風ムール貝。
もう1種、クリーム煮もあって、それも美味しいけど私はこっちのプロバンス派です。

このスープに、
s-DSC00852.jpg
Couvertで出てくるこのふわふわパンをつけて食べるのがもう幸せ♡

この日も締めに、
s-DSC00859.jpg
クリームブリュレを食べて大満足でお店を出ると・・・


s-DSC00867.jpg
向かいにある系列のパン屋の隣に、新しくできたお店を発見。


s-DSC00861.jpg
おしゃれなファサードに吸い寄せられて入ってみると、


s-DSC00860.jpg
イタリアンジェラードのお店でした。

そうなると、デザート後だけどジェラード〜
s-DSC00864.jpg
塩キャラメルジェラード、初めて食べました!(奥の色のついてる方。手前はレモン。)
結構しょっぱいことにびっくり。
他にも、ピスタチオ味とかも試させてもらったけど、それも塩系。流行ってるんだね。

ジェラードマシンはもちろん、店内の家具もイタリア製だそう。入口扉もイタリアの職人さん作だとか。
s-DSC00865.jpg
お持ち帰り用のラッピングバッグとリボンもかわいいかった。

今度からは、Le Vinでムール貝→向かいのCasa Elliでジェラード、というコースが楽しめそうです(^^)v

「CASA ELLI」
Al. Tiete, 163

posted by rurue at 19:50| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

生ビールのうまい店

まずはこちら、
「Pirajá」
http://www.piraja.com.br/
s-121102 (10).jpg
いつも歩道まで人がいっぱい。

s-121102 (11).jpg
こちら、去年のVejaで「読者が選ぶChopp:生ビールNo.1の店」に輝いたところ。
リオがルーツのお店です。生ビールはもちろんのこと、
s-121102 (5).jpg
各種カイピリーニャが美味しいお店でもあります。
(この日の写真はピンボケばかりなので小さい画像で。。。)
さっぱり系はごくごく飲めるし、
s-121102 (4).jpg
特にこの↑濁った感じのが黒糖入りカイピリーニャで絶品です。甘うまい〜!
他に、
s-121102 (6).jpg
クリーミーなシリーズもありますが、こちらはアルコール度数高め。
1杯で酔いが回る。。。
s-121102.jpgs-121102 (3).jpg
Carne secaのコロッケもおつまみにぴったり。

ここは毎日12時から夜まで通しで営業しているのもうれしいところ。
お昼時にはランチセットもあります。



続きまして本命、
「Bar Original」
http://www.baroriginal.com.br/
DSC00794.jpg
平日は17:30からの営業です。(土日は昼から。)
まだ明るいうちから乗り込んで、
DSC00795.jpg
先発隊として場所をとりつつChoppを堪能。
泡のクリーミーさが半端ない!

こちらのお店、お友達のダンナ様が、
「Pirajáよりこっちの生ビールが美味しい!」と言ってるのを聞いて来てみたら、
私の中のNo.1Choppもこちらになりました(^^)

DSC00799.jpg
左が黒ビールに普通ビールの泡を乗せたCarioca(リオっ子、という意味)、
右が普通ビールに黒ビールの泡を乗せたPaulista(サンパウロっ子)。
Paulista、ちょうどハーフ&ハーフみたいな感じでお気に入りです。

この日は、
DSC00802.jpg
鶏のカリッカリから揚げと、

DSC00801.jpg
Coxinha Misto:コロッケ数種盛り合わせ(中身が3種類)と、
ビールに飽きたら途中カイピリーニャを飲み(ここのカイピリーニャがまたフルーツたっぷりで◎!)、

DSC00804.jpg
チーズたっぷりライスコロッケ(というかほとんどチーズ!)、と、
揚げ物満喫でした〜(^^;

お店の壁には、
s-DSC00807 (2).jpg
「I ♡ SP」ならぬ「I・Coxinha・SP」のロゴが!

DSC00806.jpg
暗くなったころにはいつも満員、歩道にも人があふれ出す人気店です。

ちなみに、Bar Originalのお隣がピザ屋の「BRÁZ」。
週末の夜には2軒続けて人だかりができてます。。。
posted by rurue at 19:45| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

「Maremonti」

http://www.maremonti.com.br/jardins/home.html

s-DSC00779.jpg
今さらな感がありますが(^^;、一押しのピザ屋です。

s-130303.jpg

サンパウロに来てすぐのころ、ピザ屋をいくつかさまよい、
BRÁZが一番!と思ってたのですが、
そのあとにできたこちらのお店Maremontiに私の中でのNo.1ピザ屋はあっさり更新されました。。。
(実際に、去年のVeja Comer&Beber ピザ部門トップはMaremontiでした。)

BRÁZも美味しいことには変わりないのですが、なんといっても、
s-DSC00780.jpg
植物いっぱいの外観や、

s-DSC00782.jpg
店内の雰囲気もとっても◎で、

s-DSC00783.jpg
ピザは生地がもちもち系でもちろん美味しく、
(ここも1枚に3種類のオーダーがOK。ちなみにこれは生ルッコラのピザ。)、

s-DSC00690.jpg
前菜の盛り合わせも好きなのをチョイスできるのと、

s-DSC00686.jpg
パスタ(これで1/2量)や、

s-DSC00689.jpg
プリン等のデザートも美味しいです。

それと、サンパウロでは貴重なことに、
昼のランチタイムでもピザが食べられる!!、ってのもうれしい限り。
ブラジルではピザは夜のもの、ってイメージがあるそうで、
ピザ屋は昼やってない、やっていてもピザ以外のものしかない、という店が多いのです。
(マナウスでもそうでした。)

ランチにピザ〜、なんて発想にもこたえてくれるうれしいお店なのです。
そしてさらに、週末は昼から夜まで通しで営業してるので、
早い夕飯にピザ、というのができるのも◎。
ランチタイムはすごく混みますが、夕方は(心配なほど!)ガラガラで、重宝しています。

それと、夕方18時以降は宅配もあります。

・・・と、あれこれ書いた以外の部分でポイントが高いのが、
家から歩いて行けること!!
これ、とってもありがたい♪


もっと早くに記事にするつもりが、いつも外観写真を撮り忘れて、
この前やっと撮ってきました(^^;

サンパウロの郊外に何店舗かあって知られた店だったのが、
サンパウロ中心部にも進出したんだそう。
サイトによると、来年にはAv. Brigadeiro Faria Lima沿いにもお店ができるみたいです。


おまけ。
この記事を書きながら、Veja Comer&Beberのサイトを見たら、
今ちょうど次号の投票をやってました!
さっそくMaremontiに1票入れてみましたよ(^^)
posted by rurue at 22:15| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

「TIAN」

今年2月にオープンしたという「TIAN」に行ってきました。
サンパウロのタイ料理レストランの草分け的存在、「Mestiço」のオーナーだった夫妻が、
アジア・コンテンポラリー料理のおしゃれ系レストランとして開いたのがこちらだそうです。
s-DSC00761.jpg
店内もおしゃれな雰囲気。日本にもこんな店あったな、とちょっと懐かしかったり。

お料理のポーションも小さめで、ちょこちょこいろんなものが頼める感じも日本ぽい。
この日お友達と頼んだのは、
カモと水菜サラダ、
サーモンのポキとカリカリすしごはん、
タイ風ソースで食べるピッカーニャ、もちもちごはん添え、
の3品。(注:私の勝手な和訳です(^^;)

すると、
カモのサラダは
s-DSC00750.jpg
ジャーキー的カモが入った水菜サラダ揚げ麺のせ、でパリパリと美味しく、

サーモンのポキは、
s-DSC00752.jpg
こんな、サイコロ型のごはんの上にポキが(ちょっとだったけど)乗った一口サイズおつまみ、

ピッカーニャは、
s-DSC00753.jpg
お肉もソースも美味しく、また添えてあるごはんがもち米を丸めて焼いたもので、
これまた美味しい一皿でした。

メニューで見ても想像してなかった(特にごはんたち!)、
意外性のある美味しく楽しいお料理でした。

お会計を頼むと、
s-DSC00755.jpg
こんなアジアな入れ物でレシートが運ばれます(^^)。

また帰り際、ドアのところにいるお姉さんが籠を差し出してきて、
s-DSC00766.jpg
こんな小さなカプセルをもらいました。

開けてみると、
s-DSC00768.jpg
私の選んだものにはヒンズー教の格言が!
(お友達のはブッダの教えだったので、アジアの格言シリーズみたいです。)
「夜に良い行いをすると、次の日が幸せになる」的な格言みたいです。たぶん。

このカプセル、どれくらい小さいかというと、
s-DSC00763.jpg
サイズ、我が家比。
仕込むの大変だっただろうなー。。。


雰囲気もいいし、食べ物も美味しかったし、格言くじ(?)も面白かったし、
また別のメニューも試しに行こうっと。


「TIAN」
http://tianrestaurante.com.br/tian-contemporary-asian-food
posted by rurue at 09:55| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

「Casa das Ostras」

その名も「牡蠣の家」!
s-130802 (4).jpg
Mercado Municipalの中の、立ち飲み屋風のお店です。(椅子はあるよ。)

何度も横目で見て通るだけだったけど、ある日のお買いもの時にお友達とチャレンジ。
オーダーはもちろんカキ!
s-130802 (3).jpg
その場で開けてくれます。

s-130802 (6).jpg
1個R$4(約160円)。大ぶりで美味しかった〜!!

ここのお店はカキ以外にも、
s-130802 (5).jpg
いろいろ魚介おつまみがそろってます。(これ以外にメニューにもいろいろあり。)
その中から、右手前のバカリャウのサンドイッチをチョイス。
すると、
s-130802 (9).jpg
ショーケースのは見本だったのか、新しいのを作ってくれました。
(見本と若干違いがあるのはご愛嬌(^^;)
しょっぱくなくて、これも美味しかった!!

ちょうど中でCasquinha de Siri (カニの身をほぐしたのと玉ねぎなどを貝殻に詰めて焼いたもの)を
作ってるのが見えておいしそうだったので、焼き上がりを待って食べたのがこちら。
s-130802 (1).jpg
これまた美味しかった〜!

ここのお店の、
s-130802 (8).jpg
自家製ピメンタ(右のSakura醤油の瓶に入ってる方)も美味しかった。
ちなみに左は、超辛いピメンタ。激辛注意!

大満足のCasa das Ostrasだったのですが、この日はひとつだけマイナスポイントが。
メニューにあった、白のグラスワインが品切れでなかったー!
そして、じゃあボトルにしちゃおうか、と思ったら、手頃な値段の白がこれまた品切れ(>_<)。
泣く泣く(?)生ビールに変更して、美味しいランチを楽しみました♡

生ビールのサーバーがまた、
s-130802 (2).jpg
カキだらけ〜!



「Casa das Ostras」
Mercado Municipal :Box A33 (Portão1入ってすぐ)
OPEN時のVeja記事はこちら
posted by rurue at 20:40| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

ペルー料理レストランいくつか

ペルー旅行からサンパウロに戻って、
立て続けにペルー料理レストランに行く機会がありました。

まずは、おしゃれペルー料理の代表格、「LA MAR」
s-DSC04245.jpg
インテリアも洗練されたおしゃれな感じで、美味しいセビッチェが食べられるお店。
(ランチタイム開店直後に撮った写真。この日もその後満席に。)

DSC04956-1.jpg
(セビッチェが夜撮った写真しかなかった(汗)。いつも、料理が来るとすぐに
 飛びついて食べちゃうからか。。。)
サイトを見たら、リマ、ボコタ、ニューヨーク、サンフランシスコにもお店があるようです。
s-DSC04247.jpg
ピスコサワーもとっても美味◎!
フローズンバージョンもあって、そちらも美味しいです。
s-DSC04246.jpg
シーフードピラフ的な1品。これまた美味しい。

前から好きなお店ですが、昼のランチセットの種類が豊富なのもポイント高い。
夜の雰囲気も◎なので、昼も夜もおすすめ。


さてさて、もうひとつが、
ペルー現地の雰囲気を醸し出す豪快なペルー料理のお店がこちら、
「Tradiciones Peruanas」
s-DSC04244.jpg
危ないと言われるセントロエリアにあるので、周囲をうろうろするのははばかられますが、
お店は2階なので入れば落ち着いて食事できます。
(1階中央はアラブ料理のお店。でも右端もこのペルー料理の店のよう。
 最初、こんな小さなオープンエアーな店か!?とちょっと焦りましたが、
 左の階段を上がっていった上にあります。)

こちらは1品1品の迫力がすごい!
s-DSC04235.jpg
セビッチェはこれで小のサイズ。3人でシェアしても満足できる量です。

そして、ペルーで食べられなかった魚介のスープを頼んでみると、
s-DSC04237.jpg
ドーンとカニが丸ごと!
しかもこのカニ、
s-DSC04238.jpg
カニミソ入り!

ほかにも、
s-DSC04239.jpg
ペルーのパクチーカレー的なものも頼んでみたけどこちらもボリューム満点!

店内は、
s-DSC04241.jpg
マチュピチュの写真と各種ペルー料理の写真が飾ってありますが、素朴な感じです。
平日のランチタイムも近所で働くサラリーマン風の人たちでにぎわってました。

帰り際、こんなDVDをもらいました。
s-DSC04240.jpg
クスコ&マチュピチュのドキュメンタリーDVD。スペイン語オンリー。。。
店員さんが、おすすめ料理を説明してくれたけどそれもスペイン語。
ほんとにペルー現地の雰囲気が味わえます(^^;



ペルー料理、セビッチェ、といえば、おしゃれ系でもう1店、
「SURI Ceviche Bar」も忘れてはいけません。
110212 (11).JPG
こちら、平日は夜のみの営業です。ここ、しばらく行ってないから行きたくなってきた〜。
posted by rurue at 19:20| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

久々の「Mestiço」

Mestiçoに行ってクラトントンを食べていないだなんて!」
・・・と、お友達に驚かれ、それじゃあ食べてみようと休日のランチに行ってみました。

クラトントン:Krathong-thong
130502 (2)-s.jpg
揚げたカリカリシェルに、チキンやコーンなどなどを乗せたタイのおつまみ。
ぱくっと一口で、、、うん、美味しい!
・・・けど、トウガラシをパラパラかけるともっと◎!
ブラジル人向けですからね、全体的に辛さは控えめです。

これもおすすめ、と聞いた、
130502 (3)-s.jpg
パッタイ:Paad Thai
これまた美味しい!大きなどんぶりで出てきて、ボリューム満点です。
こちらもトウガラシをいっぱいかけて、美味しくいただきました〜(^^)
(割り箸も持ってきてくれるとこもうれしい!)


もう1品、
130502 (4)-s.jpg
グリーンカレーも頼んでみましたが、こちら、フィレ・ミニョンがゴロゴロ入って牛肉感たっぷり。
これにご飯がつきます。
食べてみて思ったけど、私はグリーンカレーには鶏肉が好きだなー。
カレー好きの夫、肉以外は完食してました(^^;


周りを見渡してみても、
クラトントンとパッタイのオーダー率高し!
ブラジル人たち、パッタイもフォークで器用に食べてました。

130502-s.jpg
休日の午後遅めに行ったら、帰りには待ってる人も出るほどの混み具合でした。


「Mestiço」
http://www.mestico.com.br/index
posted by rurue at 01:00| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

「Le Vin Bistrô」

http://www.levin.com.br/

パンの美味しいカジュアルフレンチレストラン、と認識していたこのお店、
「生ガキとムール貝が絶品!」と聞いて、慌てて(?)行ってきました(^^;

DSC00498-s.jpg
ビストロとカフェが並んでいて、
通り(Al. Tietê)を挟んで反対側に、
DSC00500-s.jpg
ショーケースでパンとケーキを売っているパダリアがあり、
いつもこのパダリアでバゲットを買ってるものの、ビストロ側には行ったことがありませんでした。

休みの日、12時からのビストロのオープン時間に合わせて行ってみると、
外のテラス席はゆっくりcafé da manhã(カフェ・ダ・マニャン:朝食)を楽しむ人で満席。
ボードを持った係の人に名前を聞かれ、カウンターで待つこと約15分。
他に2組のファミリーが待っていて、
「いやー、昼から待つほどの人気店なんだー。
 12時に来たのに待たされるとは、ブラジルにしては珍しくスタートが早いなぁ。」、
と思ってたら、名前を呼ばれて案内されたのはカフェの方。
慌てて「ビストロで食べたいんだけど」と言うと、ああ、と通され、ビストロ1番のお客さんに。
一緒に待ってた人たちは、朝昼兼のカフェのお客さんでした。。。おかしいと思った。。。

DSC00491-s.jpg
一番乗り証拠写真(笑)。
チェックのクロスがかわいいです。

Couvertは自慢のパンとバターとレバーパテ。
DSC00490-s.jpg
パンはふわっふわで美味しい!

さっそくカキとムール貝を頼もうと思ったら、
連休の最終日だったせいか、ムール貝が品切れとのこと。
ムール貝は普通に蒸したのとクリーム煮があって、どっちも美味しいと聞いたので、
2種類頼む気満々だったので、ちょっと残念。
でもカキはちゃんとあったので良しとしよう。
DSC00492-s.jpg
入口近くにカキのカウンターがあって、頼むとその場でむいてくれます。
そして、
DSC00493-s.jpg
サンタカタリーナ産の大ぶりのカキの到着!
美味しかった〜!!

貝づくし計画を変更して、きのこの前菜と、メインをお肉にして2人でシェアしました。
DSC00494-s.jpg
きのこのクリーム炒め的な前菜でした。これで1/2量。

DSC00495-s.jpg
こちら、Fraldinha。これも1/2量。右奥に見えてるポテトフライは1人分の量。
2人で分けてちょうど良い、というかむしろ多いくらいの量でした。
(パンをたくさん食べてたしね。)

それでも頼んでしまったデザート、
DSC00496-s.jpg
クリームブリュレ。
これまた美味しかった〜!

ここのビストロ、休みなく毎日営業しているところもすばらしい!
(パン屋さんも毎日やってます。)
ムール貝を食べにまた行かなくては!!

サンパウロ市内に全部で3店舗あります。
(Itaim店のカキとムール貝が美味しい、との情報あり。どうなんだろう?)
リオとブラジリアにもお店があるそうです。
posted by rurue at 03:00| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

Regional Italian Cuisine Week

サンパウロでは今週、「イタリア郷土料理ウィーク」的なイベントが開催されてます。
このイベント、今回が第1回だそう。レストランウィーク、タパスウィーク、スパウィーク、
などなどなどに続け!というイベントですね。

ランチはR$45-60、ディナーはR$75-98で、サンパウロ市内の12のレストランが参加してます。
(21日日曜日まで。詳しくはこちら→Time outの記事でどうぞ。)

このイベントを利用して、レストランを2軒開拓してきました♪

今日行ったのが、Vila nova conçeicãoにある、
「Trattoria e Rosticceria do Picchi」

121019-s.jpg
黄色い外観がかわいらしいお店です。
店内も、黄色で明るい雰囲気。
121019 (7)-s.jpg
こちらはトスカーナ州のお料理なんだそう。

前菜は、ブルスケッタとサラダからチョイス。
121019 (6)-s.jpg
お友達の頼んだブルスケッタ。レバーパテを味見させてもらったけど、美味しかった!
こちらがサラダ。
121019 (4)-s.jpg
確かメニューには「パンの入ったサラダ」と書いてありました。
トマトとチーズにバジルが効いていて美味しい。

メインは自家製パスタとお肉から選びます。
ここは二人ともパスタをチョイス。
すると、、、
121019 (9)-s.jpg
出たっ!極太麺!
これがしっかり歯ごたえあって美味しかった。ソーセージと白い豆のパスタです。
写真を取り忘れちゃったけど、ここは自家製麺を作ってるコーナーがガラス張りになっていて、
このときもたくましいおじさまが作業中でした。

デザートは1種類。
121019 (5)-s.jpg
これ、アイスみたいに冷たくてアイスより軽くて甘すぎず、くるみたっぷりで美味しかった〜!!
直径10cmくらいあったんだけど、ペロリでした(^^)


さてさて、週の初めに行ったのがもう1軒の、Itaim Bibiにある、
「Biondi」
121016 (3).jpg
こちらは外観も店内も、洗練された雰囲気。
(人がいない写真だけど、食べてるうちにほぼ満席になりました。)
コースに入ってないけどCouvertはフォカッチャ。
121016 (2).jpg
美しい。。。
しかも、フワッフワタイプでぱくぱくいけます。

ここからがコース。こちらは南部アブルッツォ州のお料理だそう。
前菜はブルスケッタかイカのサラダで、サラダをチョイス。
121016 (5).jpg
緑のが、ジャガイモとパセリのペースト。

メインは、羊と魚から選びます。
121016 (6).jpg
羊、ほろっほろで美味〜!

魚も、
121016 (7).jpg
白身魚の上に魚介ソース。上に乗ったイカや柔らかタコがまた美味しい!

デザートは、ナシのとチョコのがあって、ナシをチョイス。
121016 (9).jpg
これで2人分。
ナシとアイスとカリカリアーモンドフレークのハーモニーが美味しかった〜!

最後、コーヒー(コース外)を頼んだ時についてきたのがこちら。
121016.jpg
これ、TORRONE:トローネって言うものだそうですね。ここのは美味しかった!
思えば、最初のお店PICCHIのデザートも、これのアイス風のものかも。
イタリアで、クリスマスの時期に食べるお菓子なんだとか。


ブラジルにいながらにしていろんなイタリアを味わう。。。
さすが南米一の大都会、サンパウロ!
posted by rurue at 06:00| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

「BAR DA DONA ONÇA」

久々のレストランネタ。(この間、外食してないわけじゃないんですけどね(^^;)

日曜日にセントロに行く予定があったので、
前々から気になってた「BAR DA DONA ONÇA」へ行ってきました。
Veja SPで「食べ物のおいしいBAR部門2011」の1位を取ってるところです。

日曜日は12時から17時の営業で、12時半過ぎに行ったらほぼ満席、
もうカウンターか外かしか空いてなかったのでカウンターへ。
そして店員さんのユニフォームにくぎづけ!
120805 (4)-s.jpg
か、かわいい。。。
店内の雰囲気もいい感じで、
120805 (2)-s.jpg
あちこちにONÇA:オンサ=ひょうがモチーフのものがあって、見てても楽しい!

頼んだのは、メニューに「ここでしか食べられない!」と書いてあったおつまみ、
120805 (8)-s.jpg
Croc Milanesa:牛肉のカリカリフライと、

Vejaにも写真が出てた、Galinhada caipira com quiabo:オクラと鶏肉煮込み。
120805 (3)-s.jpg
付け合わせのご飯とケール炒めとピラォンと、全部まぜて食べます。
混ぜたのがこちら。
onca012.jpg
って、食べてる時は写真撮るの忘れたのでこの画像はVejaのDONA ONÇAページから拝借(^^;

最初の牛肉のフライは塩味が効いてておつまみにぴったり、
オクラと鶏肉は優しい味で美味しかったー。
もっといろんな料理も食べてみたい!!

飲み物は、ビールも輸入モノ含めいろんな種類を置いてるのですが、
今回はこちらのブラジルビール。
120805 (6)-s.jpg

と、カイピリーニャ!!
120805 (7)-s.jpg
左はオレンジとパイナップル、右がFrutas Amaleras:黄色い果物。
カウンターだったので、目の前にフルーツが山盛りになっていて、
お兄さんがずっとカイピリーニャを作ってるのを目の当たりにし、これは頼むしかない、と。
メニューにも何種類も乗ってるけど、好きなフルーツを組み合わせて頼んでもOKです。
サケピリーニャ、カイピロスカにもできます。
(カシャーサの変わりに日本酒やウォッカを入れるバージョンね。
 なんかメニューにもう一つあった気がするけど忘れちゃった。)


エリア的にあんまり行かないとこなんだけど、
(セントロは危ないと言われてるので、用がないとなかなか。。。)
このお店は毎日昼12時から通しで開いてるので、昼飲みにはいいんじゃないかと。
オスカーニーマイヤーの設計の、有名なEdificio Copan:コパンビルにあるから行くのも簡単。
ただ、コパンビルの中からは入れないつくりなのでお気をつけくださいませ。
(私たち、まんまと中の通路から行こうとして、ビル内で迷いかけました(笑))


「BAR DA DONA ONÇA」
Avenida Ipiranga, 200
http://www.bardadonaonca.com.br/

posted by rurue at 22:50| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

久々のVila Madalena

久々のVila Madalena散策。
スタートはいつものRua HarmoniaとRua Aspicueltaの交差点。
この日は、「Projeto Terra」(ブラジル雑貨)
「REBECA GUERBEROFF」 (ガラスビーズのアクセサリー)
「MARIA ANDRADE」(バッグとポーチ)と、Rua Aspicueltaを進み、
その後はちょこちょこお店を見ながらRua Girassolへ入って陶芸アトリエを見つつRua Wizardへ。


で、フレンチの「Allez, Allez!」でランチ。
120619 (9)-s.jpg
平日の日替わりランチセットが、前菜+メイン+デザートでR$31.9(約1500円)。
各2種類から選ぶんだけど、今回私が選んだのは、サラダに魚にクリームブリュレ。
120619 (3)-s.jpg120619 (5)-s.jpg120619 (7)-s.jpg
見た目もキレイでボリュームも満点、もちろんお味も◎。
外観同様、インテリアもかわいらしいです。



その後も、ぷらぷらとお店を眺めながら歩き、
一休みは「Coffee Lab」にて。

120619-s.jpg
ここ、その「コーヒー研究室」という店名の通り、
いろんな淹れ方のコーヒーが楽しめる、こだわりのカフェです。
120619 (8)-s.jpg
コーヒーももちろん美味しかったけど、
お店の雰囲気が超好み!何時間でもいれそう。
120619 (2)-s.jpg
豆ももちろん、いろいろな道具も売ってます。
もっと家に近かったらいいのになぁ。
120619 (9)-s.jpg
わんこもOKです。



その後ちょっと寄り道してから最初の交差点に戻って、
帰る間際に寄ったのが「LA DA VENDA」。 
Veja SPでNo.1を取っているPão de Queijoをお持ち帰りしようと寄ったのですが、
この日は結構混んでたせいか、Pão de Queijoは今焼いているとこ、とのこと。
なので、冷凍のこんなパックを買ってみました。10個でR$16。

120619 (2)-s.jpg
一度焼いてあるのを冷凍してあるので、余熱したオーブンで10分くらい焼けばOK。
これが焼く前。
120619 (4)-s.jpg

焼いた後。
120619 (5)-s.jpg
見た目じゃわからない。。。
(一個減ってるのは焼き加減を見ながら食べちゃったから(^^;)


ミナスジェライス州のこだわりのチーズを使っているそうで、
普通のよりチーズの味が濃い感じで、これはこれで美味しかった!
今度はお店で食べてみたいな。


おまけ。
「Allez, Allez!」の外観写真を撮っていたら、通りの反対側からわざわざ、
「おれを撮って〜!」と歩いてきてポーズをとった人。
120619-s.jpg
Rua Wizardのこのあたり、こんな雰囲気です(^^;

posted by rurue at 01:00| Comment(2) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

スペイン料理・ポルトガル料理

久々のレストランネタ(^^;(長いよ。)


サンパウロにはスペイン料理やポルトガル料理のレストランやBARが何軒もあり、
日本ではほとんど(マナウスでも2回くらいしか)行ったことがなかったけど、
こちらに来てから大好きになりました。
これまで行ったお店を一気にご紹介。


以前記事にしたAdega Santiagoは相変わらずのお気に入りですが、
その近くに去年できたこちらの姉妹店も、お気に入りのBARです(^^)

「Taberna 474」 
http://www.taberna474.com.br/
Rua Maria Carolina, 474 - Jardim Paulistano
120415 (3)-s.jpg

120415 (6)-s.jpg
Adega Santiagoと同じメニューもあり、違うメニューもありで、どっちに行こうか迷う感じです(^^;
生ガキはこっちにしかないメニュー。(だったと思う。)

120415 (5)-s.jpgホタテ!

120415 (8)-s.jpgイワシの窯焼き
こっちのはレモンも焼いてある。
120415 (9)-s.jpg魚介の串焼き

120415 (10)-s.jpgトマトとアンチョビのオープンサンド。
これ↑、おすすめ!
120415-s.jpg魚介ご飯
ここはAdega Santiagoと同様、月曜日から開いてるし、
週末は昼から夜まで通しでやってるのもポイント高し!(こっちは日曜は19時まで。)



次は、家の近所にあるこちらのお店。
「Dui」
http://www.duirestaurante.com.br/(タブをクリックするとき音が出ます。)
Al. Franca, 1590
120513 (2)-s.jpg
スペイン・ポルトガル料理と、ブラジル料理からインスパイアされたタパスや料理を出すお店、
とのことですが、こちらはインテリアも素敵。
120513 (6)-s.jpg

120513 (5)-s.jpg

Couvertのパンが開店直後に行ったせいかアツアツで美味しかったし、
ミニスープが付くのもうれしい。(写真取り忘れたけど、この時はかぼちゃのポタージュで美味しかった!)
Mix de tapasには、
120513 (8)-s.jpg
Manjoquinhaのキッシュとか、パウミットとエビのピンチョスとか。
目にも楽しく美味しいものがちょこちょこ並んでます。
Ostras frescas gratinada de caipirinha・・・的なEntradaも頼んでみたら、120513 (4)-s.jpg
生ガキに甘みあるレモンソースをかけたこんな1品で、美味しかった!
あとはこの時は、
120513 (7)-s.jpg
カモのコンフィ マンジョッキーニャとトゥクピー(アマゾン地方の調味料)ソースがけ。
お肉がほろほろっと柔らかくてこれも◎!

・・・てゆーか、これ、
前にお友達夫妻と3人で行ったときも同じの頼んでたこと忘れてた(^^;
ま、美味しいので良し。
そのときの写真はこちら。
120420 (6)-s.jpg
左手前が黒米のリゾット、奥が魚(スズキ)のカシューナッツソース添え。
どれも美味しかった。




さてさて、お次はポルトガル料理のBAR、
「Espírito Santo」
http://www.barespiritosanto.com.br/espiritosanto/
Av. Horácio Láfer, 634 -Itaim Bibi
120427-s.jpg

120427 (3)-s.jpg 
Bolinho de Bacalhau(バカリャウのコロッケ)とか、
120427 (5)-s.jpg
お約束のようにあれば頼むSardinha(イワシ)の窯焼き、(ピンボケですが。。。)
120427 (4)-s.jpg
エビのガーリックオリーブオイル、
120427 (6)-s.jpg
ジャガイモと魚介のオーブン焼き、等々。
美味しかったけど、ここはこの中では家から遠い方。
毎日、昼12時から夜まで通しでやってるとこはうれしい点です。




こちらはスペイン料理のレストラン、
「Brasero Amantxu」
http://www.braseroamatxu.com/
Rua José Maria Lisboa, 1065 -Jardim Paulista
120414 (7)-s.jpg
店名はブラセロ・アマンチュ、と読むそうです(^^;
120414 (5)-s.jpg
最初TAPAS WEEKで行ったんだけど、美味しかったので普通の時にも行きました。
120414 (3)-s.jpg
これ↑、本当は1つなんだけど、2人で分けると言ったら切って作ってくれました。
120414 (4).JPGイチジクとルッコラのサラダ

120414 (2)-s.jpgイカスミのリゾット
この2つ↑もこれで半分の量です。
120414 (10)-s.jpg

デザートも美味しかった!



最後は和食器とのコラボがオシャレなスペイン料理、
「Clos de Tapas」
http://www.closdetapas.com.br/(←音出ます!)
Rua Domingos Fernandes, 548- Vila Nova Conceição
120110-s.jpg
ここはVeja SP2011のレストランオーナー賞を受賞したオーナーのお店。
スペイン料理部門でも、3票獲得してます。
120110 (15)-s.jpg
Moemaのおしゃれな陶芸アトリエ「Hideko Honma」の食器で出てくる、
おしゃれで美味しいお店です。
120110 (4)-s.jpg

120110 (6)-s.jpgパンは好きなのを選べます。

120110 (7)-s.jpg

120110 (9)-s.jpg

120110 (10)-s.jpg

120110 (12)-s.jpg

120110 (14)-s.jpgオレンジのミルフィーユ、美味しかった!
これ↑はある日のランチコース。
味も見た目も楽しめるこちらのお店、
サンパウロの日本人奥様ランチの御用達レストランでもあります(^^;




他にも、スパニッシュの有名レストラン、
TIVOLIホテルの最上階、23階にある高級店「Arola Vintetres」があるけど、
意を決して一度行ってみた時(確かTapas weekだったから行ってみた(笑))に、
その日は貸切とのことで入口でUターンして以来、行けてない。。。
いつか行ったらレポートしようと思います(^^;

posted by rurue at 08:50| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月24日

「MITSUYOSHI」

120213-s.jpg

ブラジル人にも人気の日本食レストランです。
店内はお寿司コーナーとろばた焼きコーナーに分かれていますが、
どこにいても両方のメニューが頼めるようです。


お昼のお寿司のランチ。
120213 (8)-s.jpg
にぎりと裏巻各種と、
120213 (3)-s.jpg
のり巻のセット。
これにお味噌汁がついてR$28(約1400円)はお得です。

サンパウロにお寿司屋さんはたくさんあるけど、
ブラジルナイズされている店が多くて、
・・・というか、SUSHIレストランが本当にたくさんあって、
ブラジル人には人気だけど、日本人的にはちょっと違う気が、、、というところも多く、
その一方で日本人も納得のお寿司を出す店は値段の高いところが多く、
という中で、ここMITSUYOSHIは味も値段も納得の、
ブラジル人にも日本人にも人気のある店です。


噂によると、昔はブラジルナイズされた和食レストランだったのが、
オーナーが変わったか何かがきっかけで日本の味になってきて、
日本人にも人気が出た、らしいです。


前回記事で、ブラジル人にはサーモンが大人気、
とちらりと書きましたが、このブラジル人にも大人気のお店での、証拠写真がこちら。
120213 (5)-s.jpg
ランチ時、カウンターの中ではひたすらサーモンの仕込みが行われてました(^^;
右奥の冷蔵庫脇でもサーモンが山積み。

ランチメニューにも、ひたすらサーモンづくしのお寿司とお刺身のセットがあって、
ブラジル人のオーダー率が非常に高いです。


ランチはお寿司以外にも、各種定食もあります。
が、行くといつもお寿司のセットを頼んでしまいます(^^;

 

「MITSUYOSHI」
http://www.mitsuyoshi.com.br/
Rua Dr. Rafael de Barros, 163 -Paraíso

posted by rurue at 01:00| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月13日

Restaurant Week 2012秋

3月5日から18日まで、サンパウロでは10回目のレストランウィークが開催されてます。
公式サイトはこちら→http://www.restaurantweek.com.br/sp

ランチR$31.9(約1500円)、ディナーR$43.9(約2100円)で、
前菜+メイン+デザートが楽しめます。
半年前の前回はサンパウロに来てすぐで活用しきれなかったけど、
今回はレストラン開拓に燃えて(笑)、いろいろ行ってみています。



まずは前半戦。
「L'Amitie」 http://www.lamitie.com.br/index2.php(←言語を選んだ後のページ、音出ます!)
Rua Manouel Guedes, 233 - Itaim bibi
120308 (14)-s.jpg
フレンチの店、とのことですが、カジュアルでかわいらしい外観。


120308 (2)-s.jpg120308 (3) - コピー-s.jpg
左:Tartine Maison リコッタチーズとトマトのトーストのレタス添え と、 
右:Salade Estivale 季節の野菜のサラダ

120308 (5)-s.jpg120308 (8)-s.jpg
左:Poulet Provençal チキンのプロバンス風 パルメザンチーズリゾット添え
右:Penne au Chévre Et Courgette トマトとズッキーニの入ったシェーブルチーズペンネ 

120308 (9)-s.jpg120308 (12)-s.jpg
左:Macaron Au Fruit de La Passion パッションフルーツのマカロン 赤いフルーツのソースがけ
右:L´Ananas 焼きパイナップル はちみつとミントがけ

フランス人シェフが腕をふるうレストランです。
サンパウロ来てからフレンチって初めて入りました(^^)
12時半頃に着いたら、なんと20分待ち!
店内の人はほとんどがレストランウィークメニューを食べてました。
マカロン、とっても美味しかった!



続いて、
「La Marie」 http://www.lamarierestaurante.com.br/index.html
Rua Francisco Leitão ,16 -Pinheiros
こちらは地中海料理です。

120309 (7)-s.jpg
白を基調とした雰囲気ある店内・・・の様子がうまく撮れてない(>_<)
お店のサイトで見てね(^^;

前菜は、
120309 (9)-s.jpg
シーフードの入ったアボカドグラタン。優しい味で美味しかったー。
他にSalada morna:温かいサラダが選べます。

メインが3種類から選べて、
120309 (3)-s.jpg120309 (2)-s.jpg
120309-s.jpg
鴨Magret(胸肉)のワインソース、サーモンのクリームチーズソースかけ、
子牛のソテーポワブル(黒胡椒風味)ソース
鴨、柔らかくて美味しかった!ボリュームも満点。

デザートは、
120309 (4)-s.jpg
チョコレートムースと苺のファンタジア。
苺のファンタジアを選んだら、軽いミルククリームとイチゴで美味しかった!
チョコレートムースはものすごく甘かった(^^;

レストランウィークメニューとは別でコーヒーを頼んだら、
120309 (5)-s.jpg
カップの絵とか、砂糖とシナモンが入ってきた器とか、かわいかった(^^)



次は
「Bistro Crêpe de Paris」 http://www.bistrocrepedeparis.com.br/
Rua Augusta ,2542
ここは、クレープを特長にしたフレンチ。
通りから、
120309 (15)-s.jpg
こんな小路を入った一番奥にお店があります。
2階のテラス席に行ってみたら、
120309 (16)-s.jpg
ビルの谷間のかわいらしい空間でした。

ここは、昼も夜も前菜3種類・メイン4種類!・デザート3種類から選べます。
(2種類ずつのお店が多いんですけどね。)
まずは前菜、
120309 (5)-s.jpg120309 (6)-s.jpg
左:アボカドとトマトの白身魚セビッチェ
右:ベテハーバ(赤かぶ)とツナのミルフィーユ

メインは、
120309 (7)-s.jpg120309 (8)-s.jpg
左:Crêpe St. Tropez ホウレンソウとトマトとクリームチーズのクレープ
右:ステーキ黒胡椒風味ソース、ポテトとピラフ添え
クレープの中はこんな感じ↓でホウレンソウとチーズ風味のホワイトソースがたっぷり。
120309 (9)-s.jpg

デザートは、
120309 (13)-s.jpg120309 (12)-s.jpg
左:クリームブリュレと、
右:ヘーゼルナッツのクレープ パンナコッタアイスとバナナ添え ベルギーチョコレートがけ
ここ、デザートクレープはもちろんのこと、おかずのクレープも美味しかったし、
クレープ以外のメニューもきっちり美味しくて、
平日の夜に(レストランウィークとはいえ)混んでたことにも納得です。
表の通りはよく通るんだけど、小路の奥にこんな人気店があったこと、知らなかった。。。



あとは、以前行ったことがある店だけど、
「Ping Pong」 http://www.br.pingpongdimsum.com.br/
Morumbi Shopping店でランチに入って飲茶を満喫。
ショッピングの中だけど、本店同様インテリアがオシャレな雰囲気です。
120310-s.jpg
天井には漢字が。

レストランウィークメニューは固定の1種類ですが、
120310 (2)-s.jpgサラダ
120310 (3)-s.jpg揚げもの3種
120310 (4)-s.jpg蒸しもの5種
120310 (5)-s.jpg本日のご飯。ココナッツミルクベースの美味しいご飯でした!
120310 (8)-s.jpgミルクアイスとジンジャー風味の苺アイス。

点心が1つずついろいろ食べれて大満足!(普通に頼むと3個ずつのオーダー。)
ジンジャー苺アイスも美味しかった!
少なく見えるかもしれないけど、十分お腹いっぱいになりました。
実は、少なめみたいだから点心を別で頼もう、と言って肉まんみたいなのを頼んだところ、
「それが余計だった。。。」という満腹度に!(>_<)


今週日曜日まで続くレストランウィーク。
あと何軒開拓できるかなー?

posted by rurue at 21:30| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。