2012年05月08日

ブーム来てます

またしても、るるの最近のブームネタ。

120422 (9)-s.jpg
隙間から手を出し、

120422 (11)-s.jpg
構え、

120422 (13)-s.jpg
指を狙う。

120422 (14)-s.jpg
狙う。


パソコンを置いてる机の下、引き出しの上に入りこみ、得意気にするのでつきあって遊びます。
楽しそうなのでよし(^^)


見えている細い隙間から入るわけではなくて、
120422 (27)-s.jpg
横はこんなに空いてます。(だから入れる。)
楽しそーだなー。




あとは、

120420 (7)-s.jpg
キャットタワーに登るのもまだブームなんだけど、
この前はこんな体勢で寝てました。


120420 (6)-s.jpg

落ちないように保険かけてる!?
結構手に力入ってるように見える。。。


背もたれ側によっかかればいいのに、と思いながら写真を撮ってたら、
一瞬起きました。
120420 (3)-s.jpg
「落ちないよー。」


あ、そうですか(^^;
posted by rurue at 22:30| Comment(14) | るる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かっわいい!!
指を狙っても誰かさんのように「がぶっ」といかないところがまたヨロシ(^_^;)
ずいぶん危なっかしい寝方に見えるけどちゃんと寝られているのかしらん?
Posted by sayoko at 2012年05月09日 05:43
隙間から顔を出してるルルの顔が、すごく得意気でいいね〜。
狭い所がやっぱり落ち着くのだろうね。
Posted by カピまら at 2012年05月10日 00:23
こんにちは。

ペットをブラジルから日本に連れて行く方法を探していてブログを見つけ読ませて頂いています。

カンザス大学に血清サンプルを送らないといけないのですが、それは地元からではなくSPの獣医でないといけないのでしょうか。

お勧めの獣医さんがいましたら、教えて頂けますでしょうか。

よろしくお願い致します。
Posted by Akiko at 2012年05月11日 03:16
るるちゃん、可愛いな〜。癒しだな〜。
るるちゃんにちょっかい出して、猫パンチされるのが私の密かな楽しみ♪
迷惑な楽しみ方でごめんねー(^^ゞ
Posted by りきぞー at 2012年05月11日 05:30
>Sayokoさん、
この隙間だと手しかだせない、という安全な遊びです(^^;
るる、普段は寝てても眠り浅そうなときが多いけど、この時はなぜかぐっすりでした。不思議〜。


>カピまらさん、
やる気満々の得意顔だよね(^^)
狭いところが落ち着く・・・のかなぁ?
明らかに狭すぎるんだけどね。。。


>Akikoさん、
地元の獣医さんが対応してくれるのなら、そこに頼むといいんだと思いますが、
マナウスで私が抗体検査をした際の獣医さんは、サンパウロのこちらの獣医さん↓
Universal Pet
http://www.universalpetbrazil.com/
に依頼して、ここ経由で出してました。
ここは帰国時の書類関係含め、ペットの輸出関係をやってるところです。
地元の獣医さんにここと話をしてもらえば、話は早いと思いますよ。

・・・が、「るるの渡航」カテゴリで記事にしてますが、私の時は書類の日付間違いがあったりしたし、友人も同様の記載ミスをされたことがあるそうで、担当者によるのかもしれませんが注意が必要だと思ってます。
まあそうは言っても、マナウスの友人もペットのわんこやにゃんこと無事帰国してるし、実績のあるとこです。

アメリカでの抗体検査だけなら他にもやってくれる獣医さんがありますが、そこは自分のとこで採血したものに限ると聞いたので、SP以外にお住まいなら、上記Universal Petが確実だと思います。

私はまだ帰国が先なので詳細を調べきってはいないのですが、
ペット連れの日本行き、お互いがんばりましょうね!


>りきぞーさん、
またるるに猫パンチされに遊びに来てね(^^)
りきぞーさんならるるの本気パンチ(爪出てる)とか口が出てきてもよけられるだろうから(笑)、
心配しないで遊んでもらえるよ(^^;
Posted by rurue at 2012年05月11日 20:55
うちのぽにょ猫もPCの下の空間がお気に入りです。
でも、そこから手を出して戦うのは...
宿敵 チコ犬。
足もとで戦われると、集中できません!
Posted by ペケママ at 2012年05月14日 04:13
>ペケママさん、
確かに、わんにゃんバトルが始まったらにぎやかでしょうねぇ(^^)
ぽにょ猫ちゃんには遊ぶ相手がいっぱい、わんちゃんたちにとっても同じ犬とはひと味違う(?)楽しい相手なんでしょうね!
Posted by rurue at 2012年05月14日 09:16
rurueさん、

アドバイスありがとうございました。そして返信が大変遅れてすみませんでした。

ミナスの片田舎に住んでいて、こちらの獣医も海外にペットを連れて行く手続きの経験も全然無く。。。

取りあえず血清をクール便でなくても受け取ってくれるというイギリスのラボに自力で送ってみましたが、今税関か検疫で止まっているようです。

必要書類についても聞く人によって返事が変わったりするので、本当に手続きが大変ですよね。。。

自力でダメなら、次は教えて頂いたSPの獣医さんにお願いするしか無さそうです。

地元の獣医は血液を取るのに、首下に針を刺していて、手元がずれて顔に刺さるんじゃないかととても心配しました。

しかも、1回目の採血では1mlの血清を取るのに量が足りなかった、と言われ採血も2回されたり。

郵便局に持っていっても、初めての事らしく色々な職員が出てきて、書類に不備があるんじゃないか、これは海外に送るのは禁止じゃないか、など大騒ぎになるし。。。

また何か前進したらお知らせしたいと思います。

ありがとうございました。
Posted by Akiko at 2012年07月17日 05:05
>Akikoさん、
自力で検査機関に送られたんですね、お疲れ様です!
税関か検疫で止まってるとのことですが、それはブラジル側でしょうか?
同じように、自力でイギリスの検査機関に血清を送って検査された、サルバドール在住だったCalorinaさんのこちらのブログはご覧になられているでしょうか?
http://d.hatena.ne.jp/calorina/20111214
もしもうお読みになられてたらおせっかいにすみません(>_<)
私は獣医さんにお任せだったのですが、Calorinaさんのブログを見て、自力でやるのはとっても大変だ、、、と感じていたので、Akikoさんも大変だったでしょう。。。
聞く人によって返事が変わる、とか、ほんと想像つきます(涙)

採血のときに首下に針を刺すの、サンパウロで今行っている獣医さん(Universal Petじゃないところです)も同じです。
マナウスの獣医さんは手から採ってた気がするんですけど、首が主流なんですかねぇ。
採血を2回した、というのも、事情は違えど我が家の猫も同じです(涙)。
小さい身体から何度も採血とか、本当に勘弁してほしいですよね。(でも自分ではできないので頼むしかないんですけど。。。)

最近、サンパウロの友人が、本人の一時帰国時に血清をハンドキャリーして日本で検査に出す、という方法で抗体検査をした実績があります。
その友人も猫を飼っているのですが、猫の血清であれば書類不要で日本に持っていけるそうです。(犬は書類が必要。)
タイミング良く日本に行く、もしくは行く人に頼めるのであれば、結果が出るのも早いし検査機関とは日本語のやりとりで済むし、一番手っとり早いかな、と思いました。
そんな手段もある、ってことで。

でも今はひとまず、送付中の血清で検査ができるといいですね。うまく行くことを祈ってます。
Posted by rurue at 2012年07月17日 10:13
何度も情報を頂いてありがとうございます。

実は送って頂いたサルバドールから自力で血清検査を行った方のブログを見て自分達もチャレンジしたんです。

そして結果はNGでした。

ミナスのMAPAに連絡してサルバドールの方が説明していた書類を添付すればイギリスに輸出出来るか確認したのですが、その書類は違うと思うと言われ、ではどの書類が必要が聞いても血清を海外に送ったケースは今まで無いので血液であれば話は別だが、血清だけならそのまま送れるでしょうと言われました。

そしてそのまま送り、郵便局でもMAPAの人にそう説明を受けたと伝えるもやはり、海外への郵送禁止アイテムだとの事でSPから送り戻されてしまいました。

それでは、MAPAの人は必要無いと言っていたサルバドールの方が説明していた書類をもらいに行こうと計画するも、こちらは田舎町です。

第一の書類を取得するにも片道車で2時間の町へ行かないといけません。しかもBHまで行くとその倍は時間がかかります。

車で2時間の所に行こうとして、担当者に予約のメールをすると、自分は休暇を撮るので週間は手続きをする人はいないと言われました。

それに加えて第2、第3の書類を取得するにはBHまで行くしか無いとの事でしたのでとうとう自力で行うのを諦め、教えて頂いたSPのエージェンシーに申し込みをしました。

当所はとにかく早く振り込みをしろと何回もせかされ、あまり詳しい情報も教えてもらえませんでした。

そして払い込みが済むと、最初は45日でペットと旅行できる書類は全て準備出来ると言われたのに、実は1ヶ月に1回まとめてアメリカの検査機関に血清を送るので、私達の場合は60日はかかるとの事。

こういう事は、支払いが済んでからしか言わないのですよね。。。ブラジルです。

教えて頂いた日本へ手荷物で血清を持ち込むことも考えたのですが、当分まわりに日本に行く方もおらず。。。

もう後はSPのエージェンシーとの我慢比べ状態になってきました。

親切に色々と教えて頂き、本当に感謝しています。ありがとうございました!!!
Posted by Akiko at 2012年08月07日 04:06
>Akikoさん、
ああ、本当に大変でしたね(>_<)
というか今も継続中ですか。。。
でも、Universal Petはイライラさせられることがあってもちゃんと実績あるとこなので、
今度はうまくいくはず!がんばってくださいね。
何かあったらまた情報交換しましょう!
Posted by rurue at 2012年08月10日 21:21
Rurueさん、

残念ながら、うちのヨーキーの書類は一筋縄ではいかないようで、今回はあきらめてブラジルに残して、6ヶ月後に迎えに来るしかなさそうです。

SPの業者を通じて行っているアメリカでの検査ですが、最初に言われた45日が60日になり、さらに、アメリカにまとめて月1回送る日が来たと思ったら、ブラジルの検疫機関がストライキでさらに1ヶ月以上足止めだとエージェンシーから言われました。

さらに、日本の法律が今年の1月から変わって、狂犬病のワクチンが毎年1年ごとにきちんと打たれていれば、血清検査後は180日の待機期間が不要になりましたが、ブラジル側はその法律改正を認識していません。

エージェンシーの人にも、日本の検疫のHP英語版を送り、何回も説明しました。それからエージェンシーの人がSP空港の検疫担当者に説明したのですが、やはりそんな法律改正の話は知らないし、180日の待機をしていなければ日本に入れないのだから、ブラジルから出さないの1点張りだそうで。。。

自分達の帰国日を1ヶ月ほど延ばしに延ばして頑張りましたが、もうそろそろ限界です。

このまま悪い予感が的中すると、アメリカでの血清検査も何らかの理由があってNGになるかも知れないので、念のため日本へ血清を自分で持って行く事を考えています。

以前教えて頂いた方は、猫なので書類はいらないとの事ですが、犬の場合に必要な書類をご存知でしたら教えて頂けますか。

敢えてチェックインの荷物ではなくハンドキャリーにした理由等もあるようでしたら、教えて頂けると非常に助かります。

何度も質問する事になり、本当にすみません!

よろしくお願いします。
Posted by Akiko at 2012年10月06日 23:01
>Akikoさん、
待たされてる挙句ストが絡んでしまってるとは、本当に大変ですね(>_<)

ご質問の、犬の血清に必要な書類の話、すみません、私はわからないのですが、とりあえず犬猫友達に知ってるか聞いてみますね。
あと、ハンドキャリーの話は猫の血清を持って行った友達に聞いてみます。

Akikoさんのペットはヨーキーちゃんなんですね!
日本の検疫所とは、メールでやりとりされてますか?
ブラジル当局への説明等は、日本の検疫所の担当者に直接英語メール等してもらうことはお願いできませんか?
日本の検疫所は、返事も早いし具体的な質問にも丁寧に答えてくれるので、この場合力になってもらえるのではと思うのですが。。。
そもそも、180日の待機期間が不足してる場合に、
「ブラジルを出られない」のではなく、「日本の検疫所で不足日数をこう留される」だけなので、
ブラジルを出さない、と言ってるブラジルの検疫担当者の認識は非常に不可解に思います。もしくは、エージェンシーの担当者が適当なことを言ってるのかも。。。(あくまで可能性の話ですが。)
エージェンシーの人に空港の検疫所の方の連絡先を聞いて、その方に日本の検疫所の人からの説明メールを送る、という手はとれませんか?

・・・と、具体的なスケジュールも存じてないのにあれこれ言ってすみません。
サンパウロの犬猫友達からの返事が来たら、この件、以前書いていただいたアドレスにメールしますね。
少々お待ちください!

Posted by rurue at 2012年10月07日 07:15
本当にRurueさんのおっしゃる通りで、180日以内はブラジルを出られないのではなく、日本で不足分が係留される事になるんですよね。

でも、ここはブラジル。検疫の担当者が1回ダメと言ったら、間違っていても意地を通されてしまうのです。。。

以前にBHの検疫の担当者とはメールでやり取りをしていて、その担当者からも180日の待機が必要になったとの情報はブラジルに来ていないので、日本行きなら出国を許可しません、との連絡があったんです。

エージェンシーもSPの空港検疫の担当者に同じ事を言われたし、そもそもエージェンシーもそんな法律改正知りませんでした、との事でしたし。。。

自分達の都合で連れてきた愛犬を、まさかこんなトラブル続きでブラジルに置いていかなければならない可能性が高くなってきて本当に困っています。

取りあえずこちらに迎えに来るまでは旦那の実家に預かってもらえるとは言え、やはり可哀そうで。。。

日本の検疫の方には、ブラジル当局に連絡してもらう事は可能なのかを質問中です。

ハンドキャリーではなくて、チェックインの荷物に入れれば手続きが簡単に済むのか、それとも絶対にハンドキャリー出なくてはいけないのか。。。

お手数をおかけして本当に申し訳ないのですが、何か情報がありましたら時間のある時で良いので教えて下さい。

ありがとうございました。
Posted by Akiko at 2012年10月07日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。