2014年04月27日

Mendoza&Ischigualasto/Talampaya旅行 その6

メンドーサ3日目は、朝からタクシーでMaipuエリアへ。
この日はMaipuのワイナリーペンション「Caveires」に宿泊なので、まずはそちらへ。
DSC02360.jpg
ワイン畑とバラと、看板犬のトミーくんがお出迎え。
そしてここから、自転車でワイナリーめぐり。
DSC03405.jpg
こーんな景色を眺めながら、

まずはオーガニックワインの「CECCHIN」へ。
DSC02376.jpg
ここでは、

DSC02365.jpg
同じように自転車で回っている団体さんでにぎわってました。
他では見ないブドウで作ったワインや、こだわりのコンクリート樽(後ろに移ってるのがそうです)だとか、
試飲も美味しかったし興味深かったです。日本にも出しているそうです。
実は事前にここのレストランでランチを予約していたのですが、この日行ってみるとレストランはお休み。。。

なので、
DSC02377.jpg
ランチはこちらの「Di Tommaso」でワイン畑を見ながら。
DSC02380.jpg
素朴な肉野菜スープ、美味しかったです♪

その後は「MEVI」へ。
DSC02396.jpg

DSC02393.jpg
2人で3種類ずつ、計6種類を試飲。
ランチョンマットにワインの説明が書いてあって、グラスをそこに置いてくれます。
頼んだものがわかりやすい、ありがたいシステム。(出す方もわかりやすいよね。)

DSC03422.jpg
ワイン畑をのぞむテラス席も気持ちいい!

自転車でのワイナリーめぐりは、
DSC02395.jpg
こんな調子の炎天下の未舗装路が多く、結構汗だくになりました。
舗装された道路も通れるけど、車がびゅんびゅんでちょっと緊張しました。
で、車の通らない道は石ころだらけでおしりが痛くなる。。。
けど、「ワイナリーを自転車で回る」というのは気分良かったです。

ワインの収穫時期なので、あちこちで、
uva.jpg
たわわに実ったぶどうが見れるのも楽しい。


そして最終日の朝。
DSC02399.jpg
テラスで朝食〜♪
そしてその足元には、
DSC02401.jpg
超ひとなつっこいトミー君。かわいかった〜♡

そして朝食のデザートが、
DSC02403.jpg
庭になっていた洋ナシ!
美味しくいただきました♪

そんなこんなで大満足のワイナリーめぐりでした。

おまけ。
DSC03424.jpg
買って帰ったワインたち。計14本〜。
posted by rurue at 23:25| Comment(0) | 旅行:ブラジル国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

Mendoza&Ischigualasto/Talampaya旅行 その5

メンドーサ2日目。
この日は朝からワイナリーめぐりスタート。前日と同じ、ルハン・ジ・クージョ地区に行きました。
まずは「ALTA VISTA」。
DSC03351.jpg
車を降りたらオリーブの木の間を通って建物へ。奥にはアンデス。

DSC02254.jpg
ALTA VISTAはブラジルでもポピュラーなワイナリーで、
メンドーサの中でも地域を変えて7カ所にワイン畑を持っているとのこと。

DSC02259.jpg
前日の教訓をもとに、この日はすべて飲み干さない大人な試飲で(笑)。

通常の4種の試飲コースの他に、ALTOという最上位ワインを試飲。
DSC02262.jpg
ふむふむ、美味しい気がする〜。(専門的なコメントができずにすみません(汗))

続きまして、「Achavel Ferrer」。
DSC02280.jpg
ここも景色が素晴らしい。
試飲を待つ間、
DSC02270.jpg
芝生の前庭で思い思いに過ごします。

DSC02275.jpg

そして試飲。
DSC02277.jpg
ここも、落ち着いた雰囲気の気持ちのいい空間での試飲でテンション上がりました。

次のところに行く道中、
DSC03371.jpg
正面にアンデスの山々が!
滞在中はお天気に恵まれ、キレイな景色を見ることができました。
朝曇っていても、だんだん晴れて午前中が一番きれいに山々を見ることができて、
午後はだんだんと山に雲がかかってくる感じでした。

メンドーサ2日目のランチは「Ruca Malen」。
DSC03372.jpgDSC02306.jpg
DSC03385.jpgDSC03374.jpg
ここも建物も景色も◎!
そしてそして、
ruca malen.jpg
素晴らしいお料理の数々!!
このときのお肉も美味しかったな〜!

お料理の前には
DSC02289.jpg
お品書きもあって楽しめました。


 
この日のラストは「DOLIUM」。
DSC02308.jpg
この地下でワインを作ってます。
(最初、こじんまりしたとこだな〜、と思ったら、地上階は試飲スペースとオフィスだけで、
地下に広い生産スペースがありました(^^;)
DSC02314.jpg
こんなにたくさん試飲させてくれます。
そして、
DSC01511.jpg
購入したワインに、オーナー自らがサインしてくれました。アーチストだ〜。


今回、この2日間のワイナリーめぐりは、個人ガイド兼運転手のMauricioさんにお世話になりました。
DSC02317.jpg
Mauricio Molinaさん。
ワイナリーは要予約のところも多く、それらもすべてコンタクトとっておいてくれて、
車もきれいで運転も丁寧、英語やポ語もOKで、とってもお世話になりました。
事前にこちらの行きたいところをいくつか伝えて、その中からだったり、それ以外でもおすすめのところだったり、
時間配分も考えてアレンジしてくれます。
「1にワイン、2に景色、3がサービス、の良いところが案内したいワイナリー」とのことで、
連れて行ってもらったところはどこも良かったし、各ワイナリーにも顔が利く感じで頼もしいガイドさんです。




さてさてこの日はホテルに帰ってから、まだ明るいうちにメンドーサの街中を散策。
DSC02327.jpg

DSC02323.jpg
公園も多く、街路樹もたくさんあって緑が多い印象です。
街中にはワインショップも多く、
DSC02332.jpg
さすが御膝元、メンドーサワインの品揃えが充実してました。

この日の夜、ブドウ収穫祭のメインイベントともいえるミスコンパレードがありました。
parade.jpg
通りを埋め尽くす観客たちは、地元の人が多かったように見えました。
候補者が投げるブドウ粒を、子供たちが棒の先にバケツや袋をつけたものを振りかざして取ってました。
みんながこのイベントを楽しんでる感じです。

ミスコンの候補者の写真は、何日も前からホテルなどに張り出されていて、
DSC02357.jpg
これを見ると、地区大会の優勝者たちが競うチャンピオン大会的イベントだったようです。
みんなラテン系で年齢不詳だけど、若いんだろうな。。。


つづく。
posted by rurue at 13:00| Comment(4) | 旅行:ブラジル国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

Mendoza&Ischigualasto/Talampaya旅行 その4

旅の後半はアルゼンチンのワイン生産の中心地、メンドーサへ。
サンファンからは約3時間のバスの旅でした。

ホテルから見たメンドーサ市内。
DSC02224.jpg
緑がいっぱいです。
昼頃にメンドーサ入りして、そこからさっそくワイナリーへ。

メンドーサの街中から手軽に行けるワイナリーエリアは、
Maipú:マイプー、Luján de Cuyo:ルハン・ジ・クージョ、
ちょっと離れてValle de Uco:ウコバレー
がメジャーですが、この日はルハン・ジ・クージョへ。

最初は「CASARENA」でランチ。
アンデス山脈を望む素敵空間で、
DSC02192.jpg
ワイングラス越しにワイン畑とアンデス山脈、という景色が楽しめます。


DSC02202.jpg

そしてそして、お料理の方も、
DSC02195.jpgDSC02198.jpg
DSC02200.jpgDSC02205.jpg
シェフが韓国系の方だそうで、お寿司が出てきたりセイロが出てきたり、
お肉も韓国風の味付けだったりで、旅の5日目の日本人には嬉しい限り(^^)。
各お料理に合わせて違ったワインがサーブされるのですが、
計算されたハーモニーとサービスの良さも手伝って、ついついワインも2杯目を飲んでしまったり。
デザートにもシャンパンがついてきます。
素敵空間でのランチ、美味しかったし楽しかった〜!

この後、
MENDEL」で試飲、
DSC02215.jpgDSC02218.jpg

Carmelo Patti」で試飲、
DSC02221.jpg

ランチ時におかわりまでしてた影響からか、3軒回ったらもうヘロヘロでした(^^;
でもでも、景色の良い中でのワイナリーめぐり、本当に楽しい!
それぞれのワイナリーでワインを購入し、この日だけで6本。。。

ここでホテルに戻って一休み後、夜のメンドーサの街へ。
私たちの訪れた3月上旬が、ちょうどメンドーサのブドウ収穫祭"Fiesta de la Vendimia"の時期で、
この日は泊まったホテルの目の前のイタリア広場でイタリア祭り。
italia festa.jpg
広場の中央にはステージが作られ歌手が歌い、
イタリアの地域毎に郷土料理を出す屋台が広場の外周に並び、
観光客+地元の人たちでものすごくにぎわってました!

その賑わいを通りすぎて、私たちはお目当てのレストランへ。
DSC02239.jpg
このレストラン、肉がめちゃうま!
DSC02243.jpg
2人でシェアすると言ったら、1皿ずつにして出してくれました。これ、柔らかくて美味しかった〜!
アルゼンチンは肉の国なので、首都ブエノスアイレスにも美味しいお店はたっくさんあるけど、
今まで食べた中で、私のNo.1肉レストランがここです。値段がリーズナブルなのもポイント!
ワインはもちろんメンドーサものがそろってます。

・・・という、初日から濃〜く楽しんだメンドーサ。
続きます。
posted by rurue at 23:05| Comment(0) | 旅行:ブラジル国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

Mendoza&Ischigualasto/Talampaya旅行 その3

3日目、お隣のTalampaya国立公園へ。(お隣と言っても80q位離れてます。)
こちらも約2億5千万年前〜1千万年前くらいの地層で、
DSC02095.jpg
こんな感じの恐竜や初期の爬虫類の化石がたくさん見つかってるそうです。

さらにここでは、
DSC02111.jpg
約1200年前には人が住んでいて、その痕跡が岩に残されています。
ここの模様はシャーマン(呪術師)が使った図案だろうと言われてました。

そしてここは、前日のイスチグアラストとはまた違った、
DSC02137.jpg
赤い岩が連なる景観です。

DSC02142.jpg
高さは最高で143mあるそうです。
ツアーのバスが通るのは川底で、雨が降るとこちらも入場禁止なんだそうです。
私たちが乗ったのはこの↑普通のバスでしたが、

DSC02117.JPG
こんな、屋根が空いてて乗りながら顔を出して写真をとれる、ツアートラックもありました。

ここも、
DSC03305.jpg
こんな間近に見えるスポットだったり、

DSC02148.jpg
川底に降り立って、

DSC02146.jpg
遠くを走るマーラ(うさぎみたいなねずみみたいな。。。)に出会えたり、
(ひとつ前の写真にも左下に3匹走ってます。)

途中、
DSC03321.jpg
こんな城塞みたいな岩の横を通りつつ、

最終スポットでは、
DSC03325.jpg
遠くに6000m級の雪山を望みつつ、広ーい高原をバッグにお侍さんみたいな岩がそびえたつ光景が見れます。
これらの岩が高さ40mほどだそうです。

自然の造形のおもしろさを堪能しました〜。


おまけ。
この日の行き帰りの道も、前日同様川をじゃぶじゃぶ渡る前提の箇所もたくさんあって、さらに、
DSC02167.jpg
道路に木がある、と思うとそこは、

DSC02168.jpg
前の週の雨で道路が陥没している場所だったり、
なかなか大変そうな道路事情でした。。。


つづく。

posted by rurue at 20:00| Comment(3) | 旅行:ブラジル国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。