2013年10月28日

「Sal Gastronomia」

Webサイトのシェフとタコが印象的な、「Sal Gastronomia」。
s-DSC00911.jpg
通りに面しては黒い壁に「SAL」と文字があるだけ。
駐車場兼通路を奥に進むと、
s-DSC04350.jpg
ガラスの大きな扉が現れます。(別のときに撮った昼の写真(^^;)
このところお気に入りのお店です。

そもそもは、羊の美味しいレストランを探していてみつけたのですが、
その羊のお料理がこちら。
s-DSC04352.jpg
ミディアムレアに焼いた羊肉に2種のチーズのピュレとキノコ添えられていて、
下のソースがなんとブラジル果物のジャブチカバ(詳しくはWikipediaで。)のソース。
(このときは半生が苦手な友人がいたのでよく焼いてもらいましたが、普通に頼むと中がピンクです。)
これ、ワインにぴったりの羊好きが喜ぶ一皿です(^^)

他のメニューもどれも美味しくて、たとえばこの前菜の一皿、
s-DSC00899.jpg
ソフトシェルクラブのパン粉&ビナグレッチソースかけも絶品。
今まで写真におさめたのを並べても、
s-DSC00897.jpgs-DSC04351.jpg
焼きチーズとブドウの蜂蜜かけ、      イチジクのサラダ、
s-DSC00898.jpgs-DSC00901.jpg
ホタテのクリームソース、           タコのリゾット、
s-DSC04353.jpgs-DSC00902.jpg
タコの足のグリル 焼き野菜添え、    牛ステーキ 山芋のピュレ、
などなど、見た目もキレイで味も◎。

この前食べた、
s-DSC00900.jpg
ゴマの衣をつけた炙りマグロてりやきソース 黒米リゾット添え、
も、とっても美味しかった〜!

店内はブレブレだけどこんな感じです。
s-DSC00908.jpg
ちょっと日本のお店を思い出します。↑この右側がガラス張りの厨房で、
夜もふけてくると、
s-DSC00906.jpg
写真でタコをつかんでたオーナーシェフが活躍する姿を見ることができます(^^)

「Sal Gastronomia」
http://www.salgastronomia.com.br/v1/

posted by rurue at 03:55| Comment(2) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

45周年の花展

今月は、池坊ブラジル支部創立45周年の花展がありました。
今回は、以前記事にしたお友達作の黒い方の花器で参加してきました。

s-131011 (5).jpg
これ、3日後の撤収のときに撮ったものなので、ちょっとくたびれた感がでてしまってますが(汗)。


こちら、今習ってる先生と支部長先生の作品。
s-131011 (1).jpg
かっこいい大作です。



実は、生け込みの時点では、私のはタニワタリも入らず、ちょっと違った形をしてました。
先生にも「Bem bonito!」って言ってもらえてたので、おそらく全体のバランスを見て、
手直ししていただいたんだと思います。
(隣の作品も、ヤナギを使った大きな作品だったし。。。と思ってます(^^;)

家に帰って、最初に近い感じで生けなおしたのがこちら。
s-131014 (2).jpg
ダリアとフリージアがちょっとくたびれちゃってるけど、ま、これはこれでよし、ってことで。。。
posted by rurue at 10:36| Comment(0) | お花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

「A Peixaria」

その名も「魚屋」、というレストラン。
店頭は、
photo.JPG
うん、魚屋。(この写真、Vejaのサイトから拝借。)
そして、階段を数段上がると、
s-DSC00869.jpg
こんなかわいらしい感じのカジュアルなレストランスペースになってます。

この日、魚屋さんスペースは、
s-DSC00874.jpg
(上の大きい顔だけ見えてるのがPescada amalera、その下がCavalinha、
 その下の縦に並んでるのがCongrio rosa。。。だったと思う(^^;)


s-DSC00872.jpg

s-DSC00873.jpg
こんな感じのラインナップでした。

3人で行ったので、前菜から1品、切り身を3種類選んでGrelhado:焼き、でオーダー。
(Grelhado、No Sal:塩釜焼き、Frito:揚げ、から選べます。)

Couvertは、
s-DSC00871.jpg
パンとバターと魚のおつまみみたいなもの。パンのお皿が魚型でかわいい!

前菜のVapor de Peixe。こんな↓かわいい蓋つきで、
s-DSC00875.jpg
中は、
s-DSC00876.jpg
魚介あれこれ。このスープがまたいいお味でした♪
この時点で、「あれ?、結構おしゃれなお料理だ。。。」と思っていたけど、
次のメインで再確認。
s-DSC00878.jpg

s-DSC00881.jpg
盛り付けもおしゃれで上品な感じ。もちろんお味も◎!
(上の白身二つが、Pargo negroとPescada amalera、
 下の赤味はXaréuというお店のお兄さんのおすすめ。調べたら日本でも獲れる魚だそう。)
店頭で魚を選んで調理、ってとこから、勝手に港の市場風を想像してたのですが、
いい意味で裏切られました(^^;

付け合わせの野菜たちも、
s-DSC00879.jpg
彩も美しい!

ここはデザートも美味しいと聞いて、3人で2品、
s-DSC00883.jpg
クリームブリュレと、

s-DSC00884.jpg
Torroneを頼みました。
両方とも、濃厚だけど美味しかった〜。

大満足のランチになりました♪
・・・が、思ったより高かった、というのが正直なところ。
これまた、港の市場風をイメージしてたからかも(^^;

でもでも、食べたいものを好きな調理法で食べたい分だけ、というオーダーは楽しいし、
お味も美味しかったので、次は違う調理法を試しにまた行きたいな。

「A Peixaria」
http://vejasp.abril.com.br/estabelecimento/a-peixaria
※Vejaで☆2つ評価なのは、どうも以前は接客がよくなかったっぽい。。。
 私が行ったときはとっても親切なお兄さんたちがきちんと対応してくれました。

posted by rurue at 21:30| Comment(4) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月06日

Le Vinのムール貝+α

以前品切れで食べられなかった「Le Vin Bistrô」のムール貝。
s-DSC00853.jpg
その後、美味しく何度もリピート中(^^)v
これ↑はMexilhões à provençal:プロバンス風ムール貝。
もう1種、クリーム煮もあって、それも美味しいけど私はこっちのプロバンス派です。

このスープに、
s-DSC00852.jpg
Couvertで出てくるこのふわふわパンをつけて食べるのがもう幸せ♡

この日も締めに、
s-DSC00859.jpg
クリームブリュレを食べて大満足でお店を出ると・・・


s-DSC00867.jpg
向かいにある系列のパン屋の隣に、新しくできたお店を発見。


s-DSC00861.jpg
おしゃれなファサードに吸い寄せられて入ってみると、


s-DSC00860.jpg
イタリアンジェラードのお店でした。

そうなると、デザート後だけどジェラード〜
s-DSC00864.jpg
塩キャラメルジェラード、初めて食べました!(奥の色のついてる方。手前はレモン。)
結構しょっぱいことにびっくり。
他にも、ピスタチオ味とかも試させてもらったけど、それも塩系。流行ってるんだね。

ジェラードマシンはもちろん、店内の家具もイタリア製だそう。入口扉もイタリアの職人さん作だとか。
s-DSC00865.jpg
お持ち帰り用のラッピングバッグとリボンもかわいいかった。

今度からは、Le Vinでムール貝→向かいのCasa Elliでジェラード、というコースが楽しめそうです(^^)v

「CASA ELLI」
Al. Tiete, 163

posted by rurue at 19:50| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。