2013年08月25日

「Casa das Ostras」

その名も「牡蠣の家」!
s-130802 (4).jpg
Mercado Municipalの中の、立ち飲み屋風のお店です。(椅子はあるよ。)

何度も横目で見て通るだけだったけど、ある日のお買いもの時にお友達とチャレンジ。
オーダーはもちろんカキ!
s-130802 (3).jpg
その場で開けてくれます。

s-130802 (6).jpg
1個R$4(約160円)。大ぶりで美味しかった〜!!

ここのお店はカキ以外にも、
s-130802 (5).jpg
いろいろ魚介おつまみがそろってます。(これ以外にメニューにもいろいろあり。)
その中から、右手前のバカリャウのサンドイッチをチョイス。
すると、
s-130802 (9).jpg
ショーケースのは見本だったのか、新しいのを作ってくれました。
(見本と若干違いがあるのはご愛嬌(^^;)
しょっぱくなくて、これも美味しかった!!

ちょうど中でCasquinha de Siri (カニの身をほぐしたのと玉ねぎなどを貝殻に詰めて焼いたもの)を
作ってるのが見えておいしそうだったので、焼き上がりを待って食べたのがこちら。
s-130802 (1).jpg
これまた美味しかった〜!

ここのお店の、
s-130802 (8).jpg
自家製ピメンタ(右のSakura醤油の瓶に入ってる方)も美味しかった。
ちなみに左は、超辛いピメンタ。激辛注意!

大満足のCasa das Ostrasだったのですが、この日はひとつだけマイナスポイントが。
メニューにあった、白のグラスワインが品切れでなかったー!
そして、じゃあボトルにしちゃおうか、と思ったら、手頃な値段の白がこれまた品切れ(>_<)。
泣く泣く(?)生ビールに変更して、美味しいランチを楽しみました♡

生ビールのサーバーがまた、
s-130802 (2).jpg
カキだらけ〜!



「Casa das Ostras」
Mercado Municipal :Box A33 (Portão1入ってすぐ)
OPEN時のVeja記事はこちら
posted by rurue at 20:40| Comment(0) | サンパウロの外食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月24日

新しい花器

お花記事は久しぶりですが、月2回のAulaに通いつつ、時々フェイラで花を買いつつ、
ちょこちょこ楽しんでます(^^)

s-130711 (2).jpg

130711 (3).JPG
とか、

s-130815 (4).jpg

s-130815 (5).jpg
とか。

でね、この2つの花器がなんと、お友達の作品なのです!
新しい花器がほしいなー、と思ってずっと探していたときに、素敵なのに出会いました。
Yさん、ありがとうございます!

次の花展にはどっちで行こうかな(^^)

posted by rurue at 20:35| Comment(0) | お花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

「Shopping Garden」

ゴルフ練習場FPGに行った帰り、近くの大型ガーデンセンター、
「Shopping Garden」に寄ってみました。
frentesul-loja.jpg
(外観を撮り忘れたのでWEBサイトから拝借。。。)

日本のガーデンセンターと同じように、
上↑の建物と、それより広い屋外スペースに植物がたくさん!
DSC04407.jpg

広いスペースは、
DSC04412.jpg
「半日陰植物」等々、いろんなコーナーにわかれています。

DSC04418.jpgDSC04413.jpg
DSC04416.jpgDSC04406.jpg
ポット苗やサボテン、グランドカバーやラン等々、充実の品揃え。

こんなオリエンタルな展示もありました。
DSC04408.jpgDSC04411.jpg
DSC04409.jpgDSC04410.jpg
本物のカメ、コイも驚いたけど、イルカやワニの置物にもびっくり!(^^;

建物の方は2階建てで、2階には、
DSC04424.jpgDSC04428.jpg
ガーデンファニチャーがずらり。
ブラジルはみんな、マンション暮らしでもベランダに家具を置いてるし、
このあたりはおしゃれなものもたくさんあって種類も豊富です。
DSC04425.jpg
温室風のカフェも併設されてました。

さてさて1階に戻ると、
DSC04419.jpgDSC04421.jpg
鉢や鉢カバー、花瓶等々がいろんな素材で並んでいます。

一角には不思議なインテリア小物コーナーがあって、
ブラジルのお土産としても人気の天然石の置物が。
DSC04430.jpgDSC04429.jpg
鳥モチーフものはよく見るけど、ワニが魚くわえてるバージョンは初めて見たなー。

1階のレジの近くには、生花も少し置いてあって、
フェイラで買うより少ない本数で買えるようなのと、
DSC04431.jpgDSC04422.jpg
ギフト用カウンターなんかもあって、アレンジにも対応してくれるようです。
展示されてたアレンジは、・・・まあ好みもあるかとは思いますが、
材料だけの購入もできる感じです。


この日は一緒に行った友人がベランダ用の植物と土、害虫よけの薬を買いました。
日本のガーデンセンターと一緒!、となんだか懐かしく楽しかったです。

こちらのお店、サンパウロには2店舗あり、
コンゴーニャス空港近くのこちらのお店は2004年にできた新しい方で、
もう一か所がメトロのTatuape駅のすぐ近くにあるそうです。
posted by rurue at 06:55| Comment(0) | サンパウロの買い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

2度目のイグアス週末旅行 その2

今回は鳥の記事ですよ〜。

ブラジル側の国立公園入口からすぐのところにある、
Parque das Aves(=Bird Park:鳥公園)では、
DSC01231.jpg
ブラジルの象徴的な鳥、Tucano:トゥッカーノを間近で見ることができます。
トゥッカーノのいる大きな檻に通路があって、2重扉を通っていつでも入ることができるのです。
ここのトゥッカーノは人を怖がることもなく、ほんの数十センチの距離のところまで来て、
写真撮影タイムを取ってくれます(^^;
(それ以上近寄るとちゃんとよけますが。)
前回もここに来て、トゥッカーノのこの塗り絵のような配色と、ぬいぐるみのようなカワイさに萌えましたが、
今回もまた改めて、「お土産に売ってるぬいぐるみより、実物はなんてカワイイんだろう。。。」と、
見とれてました。

また、この時はそんなに暑くなかったのですが、
DSC01217.jpg
こんな、水浴び姿まで披露してくれました(^^)。


もう一か所、こちらは人間が入れる時間帯が決まっていたのですが、
ちょうど入れる時間だったので入ってみたのがこちら。
DSC01270.jpg
Arara:コンゴウインコたちの檻。
右から、スミレコンゴウインコ、ベニコンゴウインコ、ルリコンゴウインコ。たぶん。
この反対側の止まり木にはなぜか、
DSC01273.jpg
ルリコンゴウインコが整列!
この檻の前を一度順路で通りすぎたのですが、そのあと戻りながら近くまできたところ、
ギャーギャーとものすごい大合唱が聞こえ、何事かと見にいったら人が入っていい時間でした。
あまりの大声に、入ったものの写真をささっと撮ってあわてて退散(^^;
トゥッカーノと違って、人が入ることを良しとしてないムードが漂ってました。。。
(実際のところは知りませんが。下を通りすぎる分には特に襲われたりとかはしませんよ。)

その他にも、
DSC01244.jpg
こんなブラジルカラーのインコ(ピンボケごめん!)や、

DSC01269.jpg
フクロウや、

DSC01213.jpg
こんなフラミンゴがいたり。

ハチドリは蝶と一緒のスペースにいて、
DSC00562.jpg

DSC00566.jpg
競い合うように蜜を吸ってました。
(いやー、何枚もチャレンジしたけど、ピンぼけばかり。。。)

この他にもたっくさんの鳥たちがいて、
そして、
DSC01207.jpg
鳥以外にもこうした小さいサルがいたり、バードパークといいつついろいろと楽しめました。
出口近くには、ルリコンゴウインコを手に載せて写真が撮れるコーナーもあります。


さてさて、バードパーク内じゃなくても、
イグアスの滝国立公園には野生の鳥たちがたくさんいます。
その中で、アルゼンチン側の通路の途中に集まってたのがこちら。
DSC01360.jpg
ルリサンジャク、という和名のついたGralha-picaça。

DSC01362.jpg
気づくと近くに10羽以上いてびっくり。
白黒ボディに青いまゆげ、という、きれいだけどどこかユーモラスな姿をしてました。

滝周辺、他にもたっくさんの種類の鳥が見れましたよ〜。

posted by rurue at 19:45| Comment(0) | 旅行:ブラジル国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月16日

2度目のイグアス週末旅行 その1

8月上旬の土日で、Cataratas do Iguacu:イグアスの滝に行ってきました。
DSC00677.jpg
イグアスの滝は世界三大瀑布の一つ。
ブラジルとアルゼンチンにまたがり、幅2.7qにわたり至る所に滝があり、
両国側とも国立公園になっていて遊歩道が整備され、様々な角度から滝を楽しめます。

前回はサンパウロに来てすぐの11月。雨季の水量の多い時期でした。
(前回記事はこちら。PCが瀕死だったので、さらっとした内容ですが。。。)

今回はまだ乾季、また違った姿が見れるかなと、
ブラジル側の国立公園内に唯一あるホテル、
DSC01353.jpg
Hotel das Cataratasに泊まって滝を満喫しようと思っていたのですが、
直前の天気予報だとその土日がよりによって雨と雷雨。。。
これはホテルでのんびりするだけになるかも、、、と思っていたところ、
1日目土曜が曇り時々小雨時々ちょっと青空、(でも夜は予報通りの雷雨)、
2日目日曜が曇りからだんだんと青空がのぞき夕方は快晴!、
青空+滝+虹、前夜の雨で水量もばっちりで迫力満点な姿を見ることができました。

ではブラジル側から。
DSC01352.jpg
まずは最初の展望台。
右下に見えるゴムボート、前回来たとき乗りました。(アルゼンチン側のアトラクションです。)
正面の滝に突っ込んで行くのですが、
カッパを着ようが何を着ようがびしょ濡れになるので、水着+Tシャツとかがおすすめです(^^;

そこから、遊歩道を進み、
DSC01338.jpg
180度見えた虹と滝の景色を楽しみつつ、

DSC00645.jpg
最終展望地点へ。(見えている水の上の遊歩道の右の先端のところ。)
たくさんある滝の中で最大のものが「Garganta do Diabo:悪魔の喉笛」と呼ばれ、
ブラジル側では滝の中段にある水上遊歩道からその迫力を体感できます。

最初の写真と似てるけど、↑の遊歩道の入口から撮ったのがこれ。
DSC00678.jpg
虹の右端にちょこっと写ってるのが最終地点の展望台です。

DSC00659.jpg
展望台から悪魔ののどぶえを見たところ。水煙がすごくて何も見えないー。
左には1つ前の写真の左側に見える滝があるんだけど、
これ以上左を向くと水しぶきでカメラが水滴だらけに(^^;
ここまで来ると、カッパを着てても顔や手足の出てるところはびっしょり。
水煙の中、というより暴風雨の中みたいな風と大粒の水なのです。

ブラジル側は、滝の真横にエレベーターがあって、
DSC00604.jpg
滝を近くから見れるのと、

DSC02454.jpg
エレベーターで上がるとこんな感じに見下ろせます。

続いてアルゼンチン側。
DSC00685.jpg
メインの悪魔ののどぶえまでは、公園内を列車移動です。

DSC02469.jpg
終点の駅から遊歩道を歩いて、水煙が見えたらそこが悪魔ののどぶえの上。

DSC02479.jpg
迫力満点の滝のスタート地点が見れます!

DSC02496.jpg
今回は風向きの関係で展望台に水煙が来なかったので、濡れることなく滝を堪能できました。
(前回はここでも、カメラに水滴が〜、という状態でしたが。)

迫力の大音量は動画でどうぞ。





アルゼンチン側は細かい遊歩道がはりめぐらされていて、
DSC02518.jpg
こんな滝や、

DSC00696.jpg
こんな景色も見ることができました。
posted by rurue at 04:35| Comment(2) | 旅行:ブラジル国内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。